1. ホーム
  2. 土地活用・資産活用方法
  3. 不動産の相続税対策のポイント

土地を活用したい

【不動産の相続税対策のポイント:税金の手引き】地主の皆様に、土地活用で効率的に次世代に資産を残すために必要な税金の知識やノウハウをわかりやすい形でお知らせいたします。

生和では相続と不動産を絡めた対策をワンストップでご提供いたします。

大増税時代を迎えた今、先祖代々の土地を守り、そして子孫によりよい財産として引き継ぐためには、表面的な相続税や贈与税の知識だけでは足りません。要となるのは不動産の知識と、その知識を積極的に活かす術を知ることです。例えば、「財産を減らす」、あるいは「財産の評価を下げる」などの工夫をすれば、相続税を減らすことができます。そして「財産を減らす」「財産の評価を下げる」ためには、やはり不動産を切り離して考えることはできません。土地はその形状や周囲の環境で価値が左右されます。本項では、不動産の生前の対策や分け方の工夫など、税額が大幅に下がる具体的な方法を紹介します。

  • 【資産家を苦しめる大増税時代がやってくる】「相続が3代続くと財産はなくなる」という言葉を聞き流してはいけない税制において、時代は「相続から贈与へ」と向かっています。
  • 【不動産こそが、相続税を減らすカギとなる】土地や建物などの不動産は、有効に活用しなければなりません。ただ持っているだけで有効な活用がされていないのであれば、毎年固定資産税がかかり、土地持ち資産家にとって頭を抱えるタネになってしまいます。
  • 【相続税は土地の評価で大きく減らす】相続税の土地評価は、10件に1件は時価よりも高くなる そこで税理士等の専門家の腕の見せどころ。それは、財産評価の際に減額要素を見逃さず、評価額に落とし込み節税を実現することです。
  • 【生前の不動産対策でさらに相続税を減らす】財産の規模が大きい土地持ち資産家ほど相続対策を生前から行う傾向にあります。しかし、全体的には、生前対策を行っている土地持ち資産家はそれほど多いとは言えません。
  • 【ココだけは押さえておきたい不動産相続の落とし穴】相続税対策には無数の落とし穴が存在します。現在、さまざまな書籍やインターネットにおいて、相続税対策が取り上げられています。それは、多くの資産家が、増税に向かう相続税に対して危機感を募らせていることを示しています。
  • 【おわりに】相続税対策では、ご自身が賃貸経営に向いているか、最後までやり切れるかをしっかり見極めることが大事です。そういった部分での詳細な助言やお手伝いができるのは、やはり土地・不動産の専門家であればこそです。

出典:[新書]「相続税ゼロの不動産対策」 著者:重邦宜 (著), 鎌倉靖二 (著)

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】40年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

【無料小冊子】絵と図表でわかる相続・贈与の税金:平成27年度税制改正にて相続税・贈与税の大改正が始まりました。誰が相続人になるの?税額はどのように求めるの?最新税制に準拠しているのはこの一冊です。

土地活用一筋40年以上。生和の強み。「品質」「サポート」「まごころ」3つのサービスコンセプト。オーナー様の利益第一主義。徹底したリサーチ。オーダーメイド力。安心・安全をフルサポート。オーナー様のコンサルティングパートナー。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312