1. ホーム
  2. よくある質問
  3. 土地活用の悩み、よくある質問

よくある質問

土地活用について

土地活用の悩みや疑問、不安について、生和グループがわかりやすくお答えします。

そもそも土地活用って何?
所有している遊休地や低利用地を、現状よりも有効に活用すること。土地の所有者に経済的利益をもたらす活用のことを一般的には「土地活用」と言います。
更地のままで土地を所有していると、利益は無いのに毎年固定資産税を支払う必要があるため、税金が負担になります。所有地を有効に活用することができれば、節税効果や安定収入が期待でき、老後の生活費に充てることも可能です。
どんな状態の土地が活用されているの?
ひとえに「土地活用」と言っても、様々なパターンがあります。
土地活用を考える方には以下のようなケースがあります。
遊休地
雑草が生えたままで遊ばせてしまっている土地や、空き地など。
田畑
代々農家を続けていたが、相続者がおらず、そのまま放置してしまったり、区画整理で農業を続けにくくなった土地など。
古アパートの建て替え
貸していたアパートが古くなってしまい、入居者様が少なくなったアパート。
また、古くなり機能面(間取りなど)や安全面(老朽化など)で建て直しが必要になった借家など。
駐車場
時間の経過や状況の変化で空きが目立つようになり、収益を生み出せなくなった駐車場。
自宅の建て替え
例えば、子供の将来も考えて広めの家を購入したが、その子供が別の場所で自分のマンションを購入してしまい、老後の夫婦ふたりでは持て余してしまう家。
または、自宅の老朽化により、自宅付きマンションへの建て替えを検討する場合。
事業転換・事業継続
後継者不足や不景気で、昔から行ってきた事業単体では継続が難しくなってきた土地や、使わなくなった倉庫や工場などを賃貸マンションなどへ事業転換。
もしくは、店舗付きマンションなどで事業を継続されるケース。
このように、収入の安定化や節税効果を目的に土地の有効活用をするケースが多くあります。
土地活用には、どんな方法があるの?
土地活用は、大きく分けると「自己使用」と「他人に貸す」という2つ方法があります。
さまざまな活用法がありますが、それぞれにメリット・デメリットがありますので、活用法別にご紹介します。
他人に貸す場合 自己使用の場合
うちの土地が賃貸マンションに向いているかどうか、どうすればわかるの?
その土地に最適なマンションを建てるためには、事前のエリアマーケティングが不可欠です。 交通の便は?周辺の開発予定は?学区やオフィス街の位置など、ご計画地周辺の生活環境や施設、人口流動、地価などを調査・分析し、将来も見据えた的確なマーケティングを行った上での計画が大切です。
生和コーポレーションでは、これまでの実績から綿密なマーケティングを行ったうえで、賃貸経営に向いている土地かどうかを見極め、長期的な安定収益を第一に考えたベストプランをご提案しています。

【無料小冊子】生和ならではの「建築物件作品集」:手がけてきた建築事例をお客様の声も交えてご紹介する、生和の仕事を知るにはこの一冊。生和のノウハウが詰まった事例集をプレゼントいたします。あなたのオーナー生活にご活用ください。