アメリカ、55年。イギリス、77年。日本、30年。

サステナブルな時代に、
“MOTTAINAI ”の国の建築寿命が短いのはなぜだろう。

海外の街並みが時代を超えて磨かれてきたように、
100年後の日本の街並みが世界に誇れるものになるために。
壊しては建てる、の繰り返しでは手に入らない価値を求めて。

確かな技術で100年住めるつよさを、これからも。
確かなサービスで100年はぐくむ資産を、これからも。

日本に「100年賃貸」という答えを。

100年建物を持ち続け、
街と共に成熟させる選択肢を

  • 生和コーポレーション 技術顧問日本建築学会副会長
    東京大学 野口 貴文 教授

    持続可能な社会を目指す上で、建物の果たす役割は非常に重要です。建物には資源の25%が投入され、建物の建設・利用によってCO2の40%が排出されています。建物の性能を高め、寿命を長くすることは、資源消費を抑え、CO2の排出を抑制することに大きく寄与します。建物の寿命には、物理的寿命、機能的寿命、経済的寿命などがありますが、生和コーポレーションの「100年賃貸」は、これらすべての寿命を長くするための工夫がなされています。
    耐久性の高い建材の採用、ライフスタイルの変化に柔軟に対応できるゆとりのある空間、LCC(ライフサイクルコスト)に配慮したメンテナンス計画に加え、都市・街並みの景観に調和して愛着を生むデザインは、劣化・陳腐化を防ぎ、100年を超えて生き続けられる建物へと昇華させています。

生和の「100年賃貸」が実現する価値

  • 経済価値

    経済価値

    計画的な維持保全
    初期費用やメンテナンス費を抑えた、コストパフォーマンスにこだわった仕様で、計画的で無理のない適切な維持管理を行い、建物を保全します。
    地域との調和
    永きにわたる街並みとの調和を考えた「まちなみ・建物デザインコード」を作成。高いデザイン性で、街の景観と資産価値の向上を実現します。
  •   

    サステナブル
    50年で建替える建物に比べ、ライフサイクルコストを37%削減。また、適切な維持保全を行うことで、改修工事時のCO2排出量も軽減します。
    良質なストック社会
    100年の耐久性と、100年間の賃貸経営サポートによって、ストック社会を推進し、安易な建替えを行う賃貸業界そのものを変えていきます。

土地活用のことなら
どのようなお悩みでも
ご相談ください。

ひとつひとつ丁寧にお応えします。

土地活用に関する
ご相談・お問い合わせのかた
0120-800-312
(9:00~20:00 日曜・祝日・夏季・年末年始の休業日を除く)
まずは資料が欲しいかた
約1週間ほどでお届けします