1. ホーム
  2. マンション経営・建て替えの事例
  3. 和風デザインにこだわったマンション建築事例

■自宅の建替え CASE #10 GRAND CHARIOT<グランシャリオ>

【先代から引き継いだ土地を有効活用して賃貸マンションを兼業に。月々の安定収入が得られるようになりました。】1928年創業のお寿司屋さんが世界的和紙デザイナーや気鋭のインテリアコーディネーターの協力を得て、モダンなお店とステキな自邸付賃貸マンションに生まれ変わりました。

賃貸マンションに建替えた動機を教えてください

元の建物は鉄骨3階建ての店舗併用住宅で、築17年でしたから、建替えるという発想はまったくありませんでした。裏の土地で駐車場を経営していて、そこの活用も考えましたが、土地の広さと条件の関係で小さな建物しか建たず、収支バランスが悪いのでどうしようかと思っていました。その頃は父・母ともに入院していて、その入院費だけでも大変。お店の収入が中心で、それに頼っていましたので、「このままではやがて不動産を売るしかないかな」と悩んでいました。それまでもいくつかの会社から提案はもらっていたのですが、しばらくしてある会社から、「前の道路が広くなったので、通りに面した店舗併用住宅を壊して後ろの土地と合わせて建替えれば、大きなマンションが建ちますよ」と提案されたのです。そこで、「安定した収入が得られるのであれば」と決断しました。

当社営業担当の第一印象はいかがでしたか?

初めていらしたときは、父母のことで頭がいっぱいでインターホン越しにお断りしました。でも、決してしつこく訪ねて来ることはありませんでした。しばらく経って、落ち着いた頃にやって来たので、「話だけでも聞いてみよう」と会いました。まじめそうで、営業、営業という感じではないところに好印象を持ちました。

他社と比較してなぜ当社を選んだのですか?

最初は会社のことは知りませんでしたが、松岡修造さんがコマーシャルをしている会社だということで、信頼感を持ちました。生和コーポレーション(以下「生和」)さんに決めたのは、とにかくプランの内容がすばらしかったこと。他社は収入のことだけで、いいことばかり強調するのですが、生和さんのプランは、建築費にお値打ち感があったこともありましたが、税金面や返済も含めてきちんと計算されていて、「これなら安定した収入も期待できる」ということがわかりやすくて、一度で気に入りました。その上、対応がとても迅速。プランの変更依頼などもすぐに対応してくれました。見学会に行ったときの工事の方の対応も感じが良かったですし、会社に訪問したときの姿勢も、上司の方も含めてみなさんから誠意を感じました。不安に思ったことも、上司の方に相談してすぐに回答してくれて、本当に信用できると思いました。

After

Before

ENTRANCE

ブラウンのトーンが高級感を感じられる洗練されたデザインのエントランスホール
間接照明が美しいエントランス

お店の経営は当初から継続される予定だったのですか?

最初は貸店舗も考えました。でも、店によって雰囲気が変わりますし、マンションのグレードにも影響します。それに、構造上、間口が狭くて奥に長いので、人に貸すような感じでもなく、寿司屋を1階で続けることにしました。長く続いているお店ですし、寿司屋ならマンションの「顔」にもなりますから。いまは私はマンションからの収入で生活ができるので、お店からは給料を取っていません。そのおかげで、従業員にボーナスも払えました! オーナーに余裕があるって、こんなに大事なことなんだと思いました。

店舗の内装にこだわっていらっしゃいますが、
ご自身でセレクトされたのですが?

和紙デザイナーの方を生和さんからご紹介いただきました。実は私はそれまでその方を存じ上げなかったのですが、お店のお客様で今回お店や私の部屋を担当してくれたインテリアコーディネーターが、「世界的に有名な方で、そんな方に手がけていただけるなんてすごい」と驚いていました。やはり、ただの壁や壁紙とは全然違う!! 毎日観ていても飽きません。

空間のポイントとなるステキな作品をつくっていただきました。江戸切子や漆、南部鉄器は、インテリアコーディネーターとも相談しながら、私がセレクトしました。モダンなデザインの中にも「和」を取り込むことで寿司屋らしい落ち着いた空間をつくりたいと思いました。板前の息子たちは若いですし、若いお客様や女性にもいらしてほしいので、チャレンジだけれどもモダンなデザインにしました。生和の設計士さんはお店は担当ではなかったのですが、最後まで立ち会ってくれました。

今後の当社への期待、要望をお願いします

思い通りの物ができましたし、本当に建てて良かった!と思っています。築17年の建物を壊すことに最初は悩みましたが、決断は正解でした。息子たちの希望も入れているので、エントランスの黒と白の空間など、若くかっこいいセンスで、石もたくさん使っていて重みのあるデザインになりました。よそから来た人にも「ここだけひときわ違うね」と言っていただけたんです。設計の方はとても話しやすい方で、力を入れて仕事をしていただきました。生和さんは、とにかく全員まじめ。今でも何かあればすぐに対応してくれますし、長くいいおつきあいができそうです。

OWNERS' ROOM

白を基調にしたオーナー宅のリビング・ダイニング。インテリアコーディネーターと悩んで決めたという金と黒のタイル貼りの柱が空間のポイントに
広々としたオープンキッチン
各地の花火大会を望める屋上
【GRAND CHARIOT】●敷地面積/520.73m²(156.22坪)●建ぺい率/53.52%(80%)●容積率/361.53%(500%)●用途地域/商業地域●建築面積/279.22m²(84.46坪)●構造/鉄筋コンクリート造10階建●施工延床面積/2219.30m²(671.3坪)●戸数/38戸(オーナー様ご自宅3戸、賃貸部分35戸)、1F:店舗

【無料小冊子】生和の仕事がつまった「建築実例集」:手がけてきた建築事例をお客様の声も交えてご紹介する、生和の仕事を知るにはこの一冊。「建築までの資金繰りは?」「どんなサポートが必要?」「経営は順調?」。生和のノウハウが詰まった事例集をプレゼントいたします。あなたのオーナー生活にご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋45年の生和の強みを5分でお伝えします。