1. ホーム
  2. 土地活用・資産活用方法
  3. 不動産の相続税対策のポイント
  4. 相続税対策のカギは不動産投資と土地活用

土地を活用したい

【不動産の相続税対策のポイント:税金の手引き】地主の皆様に、土地活用で効率的に次世代に資産を残すために必要な税金の知識やノウハウをわかりやすい形でお知らせいたします。

不動産こそが、相続税を減らすカギとなる

特に更地の状態で持っている場合には要注意

土地や建物などの不動産は、有効に活用しなければなりません。ただ持っているだけで有効な活用がされていないのであれば、毎年固定資産税がかかり、土地持ち資産家にとって頭を抱えるタネになってしまいます。余談ですが、土地にかかる固定資産税は、更地の状態が最も高く課税されることになっています。

相続税を支払うために更地の状態で常に売却できるようにしている土地持ち資産家の方が多くいらっしゃいますが、有効な相続税対策を講じれば、その土地を手放さずにすむどころか、立派なマンションを建築できるというケースは、よく見受けられます。

国税庁発表の資料(平成23年度)によると、相続財産の内訳は、土地が46%、家屋5.7%、有価証券13%、現金預金が24.2%、その他11%となっており、相続財産の約半分は土地です。

ですから、この土地などの不動産こそが、相続税を減らす"最大のカギ"なのです。そして、結果的に相続税が軽減すれば、財産を引き継ぐ次世代の負担が軽くなり、次世代にとって心理的にも経済的にも大きな余裕を生む資産として生まれ変わることになります。

資産家の方々が重い腰を上げるきっかけ

そうは言っても、相続税対策など気軽に始められるものではないでしょう。面倒な手続きがある、いろいろと手間がかかる。そんな気持ちから、なかなか重い腰を上げられないのが一般的です。

しかし、傾向としてよく見られる"資産家の方々が重い腰を上げるきっかけ"があります。

それは、友人や知り合いからの話を聞いたときです。相続で何も対策をしておかなかったことによって親族が骨肉の争いになってしまったり、遺産が思ってもみない形で処理されてしまったりという失敗談や悲劇を聞いて初めて、「同じ轍を踏んではいけない」と思い、行動に移すようです。

ただ、このように失敗談を聞く機会があった方はよいのですが、聞く機会がなかった方は、ご自身がその失敗を作り出す危険性を孕んでいます。

土地持ち資産家の方には、「不動産に対して何も対策を講じなければ、場合によっては相続税が高額になり財産を失う」「しかし事前に対策を講じておけば、思った以上の効果を生じさせることがある」ということを覚えていただきたいと思います。

出典:[新書]「相続税ゼロの不動産対策」 著者:重邦宜 (著), 鎌倉靖二 (著)

【無料小冊子】絵と図表でわかる相続・贈与の税金:平成27年度税制改正にて相続税・贈与税の大改正が始まりました。誰が相続人になるの?税額はどのように求めるの?最新税制に準拠しているのはこの一冊です。

不動産の相続税対策のポイント:税金の手引き

  • 資産家を苦しめる大増税時代がやってくる
  • 不動産こそが、相続税を減らすカギとなる
  • 相続税は土地の評価で大きく減らす
  • 生前の不動産対策でさらに相続税を減らす
  • ココだけは押さえておきたい不動産相続の落とし穴
  • おわりに
  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】40年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋45年の生和の強みを5分でお伝えします。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312