1. ホーム
  2. 土地活用・資産活用方法
  3. 不動産の相続税対策のポイント
  4. 相続税増税の影響で不動産の相続税対策が必要に

土地を活用したい

【不動産の相続税対策のポイント:税金の手引き】地主の皆様に、土地活用で効率的に次世代に資産を残すために必要な税金の知識やノウハウをわかりやすい形でお知らせいたします。

資産家を苦しめる大増税時代がやってくる

生和では相続と不動産を絡めた対策をワンストップでご提供いたします。

相続が3代続くと財産はなくなる

「相続が3代続くと財産はなくなる」という言葉を聞き流してはいけない

税制において、時代は「相続から贈与へ」と向かっています。日本の個人金融資産は1400兆円とも1500兆円とも言われていますが、実はその大半を65歳以上の世代が保有しているとされます。

そのような状況下で、贈与税の制度を利用しやすい制度にして、あまりお金を使わない祖父母・親世代から、子育てや住宅購入ローンなどでお金が必要な30?40代に、生前に資産を移転させて経済を活性化したいというのが国の政策的な意図です。住宅取得資金の贈与制度の限度額を拡大したり、相続時精算課税制度を導入したりと、近年において贈与税の制度は確実に拡充されてきています。

一方、相続税はどうかというと、増税の方向一色。税制は明らかに相続から贈与へと流れています。しかし、多くの土地持ち資産家の方々は、将来相続税が増税されそうなことを薄々感じていながらも、なかなか相続税対策を始められないという現状があります。その理由はさまざまですが、傾向としてよくある理由が、次の二つです。一つめは、自分の「死」を前提とした相続や贈与について検討することを嫌うこと。二つめは、苦労を伴わない相続や贈与によいイメージがないことです。

高まる相続税対策の必要性

財産を持っている親世代の多くは、戦後の混乱と困窮を乗り越えて今の財産を築いてきたわけですから、子どもに同様の苦労をしてもらいたいと考えるのは当然かもしれません。

「子どもが苦労せず、財産を取得するのは教育上よくないのでは…」というお言葉を頂くこともあります。お気持ちはよく理解できるのですが、そのまま何もしない場合にどの程度相続税の負担が生じるのか考えておく必要があるのではないでしょうか。これから財産を引き継ぎ、税を負担するのは相続人である子どもたちですので、何も検討せずにいることは彼らにとって非常に不安なことだと思います。

何も対策を講じない場合、先祖代々築いてきた大切な財産を、相続税という税金ですべて失ってしまう危険があることを覚悟しなければなりません。相続税の税率は、亡くなった方の財産が多いほど税率が上がっていく累進課税で、最高税率は現行50%です。昔からよく言われている「相続が3代続くと財産はなくなる」というこの言葉は、根拠なく出てきたわけではありません。

出典:[新書]「相続税ゼロの不動産対策」 著者:重邦宜 (著), 鎌倉靖二 (著)

【無料小冊子】絵と図表でわかる相続・贈与の税金:平成27年度税制改正にて相続税・贈与税の大改正が始まりました。誰が相続人になるの?税額はどのように求めるの?最新税制に準拠しているのはこの一冊です。

不動産の相続税対策のポイント:税金の手引き

  • 資産家を苦しめる大増税時代がやってくる
  • 不動産こそが、相続税を減らすカギとなる
  • 相続税は土地の評価で大きく減らす
  • 生前の不動産対策でさらに相続税を減らす
  • ココだけは押さえておきたい不動産相続の落とし穴
  • おわりに
  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】40年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋45年の生和の強みを5分でお伝えします。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312