土地活用・賃貸経営・アパート経営・マンション経営は生和コーポレーション

人と街をつなぐ

建築は街と人の関わりを秩序づける「コミュニケーションツール」であり、
建築を介在させることで、街から人へと連続的に繋がる時間軸と関係性をつくりたいと考えた。

建物の外形を分割することで複数のボリュームが隙間をつくりながら寄添い、
近接する建物との関係調整に寄与している。

また共用部から住戸のインテリアに至るまで、
外形のデザイン手法と関連づけたカスタマイズ可能なフレーム状の家具を用いた。
建築や家具の間に現れる余白が、街と人を繋げる媒体となる。
これら様々なスケールの異なる事象をフレーミングすることが、本プロジェクトの骨子となる。

1
research

ニーズを掘り出すワークショップ

デザインとは人・建築・場所を結ぶ媒体であるという理念を掲げ、事業者視点の周辺環境リサーチだけでなく、将来の居住予定者に向けたワークショップを開催した。統計的データでは知ることができない、変化するライフスタイルに呼応した具体的デザインの手がかりを得ることができ、住戸を提供するだけでなく、様々なニーズにも柔軟に対応できる建築となった。

2
custom storage

ワークショップから生まれた、可変式家具「カスタムストレージ」

ボックスを組み合わせたデザインが家具から建築までモチーフとして展開することで、「デザイン」が人・建築・場所を結びつける媒体となる。

STEP01.カスタムストレージ配置前の室内 STEP02.カスタムストレージの組み合わせを考え移動する STEP03.アイテムをセットして完成。可動しやすいカスタムストレージを使えば、様々なシーンに合わせて簡単に部屋の印象を変えることができる
3
common areas

内部共用部

エントランスや各階のエレベーター前にカスタムストレージを設置。オーナーや入居者がセレクトしたアイテムをセッティングし、共にエントランスや共用部を創り、住人同士のつながりを創出。

FACADE & 1F PLAN

過去の受賞作品はこちら

  • GOOD DESIGN AWARD 2017
  • GOOD DESIGN AWARD 2013

土地活用一筋50年 9万戸越の実績 無料冊子・DVDをプレゼント