土地活用・賃貸経営・アパート経営・マンション経営は生和コーポレーション

RAXA
2020年度 グッドデザイン賞を受賞

生和コーポレーションは2020年度GOOD DESIGN賞を
店舗併用・おうちオフィス賃貸「RAXA」で受賞しました。

移り変わる街並みと継承される文化

建築は経済活動と切離せません。この場所で100年、事業を継承してきた企業にとって建築は会社の歴史の証。街並みは時代と共に常に変化しますが、会社としてのこだわりや老舗オーダーメイド紳士服 「YOSHIMURA」 のブランドと文化を、過去から未来へ継承していくために、いま(現在)建築はどうあるべきでしょうか。

本プロジェクトでは、企業の市場価値と街並みや景観への配慮、その両者を共存させる事が求められていました。

1
concept

計画中に感染症の拡大、ラクサの考えたこと
「日常と安全の共存が求められる、これからの賃貸住宅」

  • 屋上は「コミュニケーションパーク」として使用。住民利用だけでなく、小規模イベントスペースとして提供
    外出自粛時には、安全に気分転換ができる場として各住戸ごとにローテーションで解放するなど、暮らす人々の健康にも配慮
  • 賃貸ルーム
  • 賃貸ルーム
  • テナント用エントランス
  • レジデンス用エントランス
  • 新しい日常に向け非接触キーを採用
  • 紳士服のような異なるMaterial
  • 1Fの共用部を「マーケットプレイス」として使用。昔ながらの粋な神田の「商い」を受け継ぎ「人と人との繋がり」を構築する場に
    災害時には一次対応の受付や支援物資の倉庫としての役割を想定
2
new style, new life

非日常化の中、RAXAで行った健康への配慮と感染症への柔軟対応
「生和のおうちオフィス賃貸」導入

地域の人々との繋がりの場として、1階にはマーケットプレイスを設け、神田という街、人と人、人と街との繋がりが、「商い」を通じて生まれる契機に。屋上は「憩いの場」となるよう、コミュニケーションパークとして広く利用し、文化の継承と新たな情報の発信、街の活性化に取り組みます。
時代の変化を予測することは難しいですが、避難ベースとして地域インフラの役割を果たすための構造的安定を有し、現在社会構造を変えつつある感染症への対抗処置についても準備をしています。

生和のおうちオフィス賃貸
3
closs talk

オーナー×学生の「クロストーク」から見える
未来の街の姿

  • オーナーと学生による未来に向けたクロストーク
  • 入居者側から提案
  • 経営者目線から提案
  • クラシカルな雰囲気の外観デザイン
  • 重厚感のあるイングリッシュテイストの内装デザイン
  • 歴史ある生地バサミを店舗外観ディスプレイに
  • 受け継がれる裁断机を再利用

ほどよい「ふれあい」と、ほどよい「距離感」
そんな、近くも遠くもない「ちょうどいい」が
これからの私たちの生活スタイル

集合住宅はたくさんの人が暮らすため、戸建てに比べて「安全・健康確保」に不安を抱くこともある一方で、今回のような共有スペースを利用した人々とつながる取り組みは、豊かな暮らしを営む上で欠かせません。
私たちは、その時々において「くっついたり」「はなれたり」といった新しい距離感、「ちょうどいい」を保つことが重要だと感じています。
こうした日常と非日常が、これから先の集合住宅に求められるのではないでしょうか。

PLAN

「グッドデザイン賞」は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、総合的なデザインの推奨制度です。その母体となったのは、1957年に通商産業省(現経済産業省)によって創設された「グッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)」であり、以来50年以上にわたって、私たちの暮らしと産業、そして社会全体を豊かにする「よいデザイン」を顕彰し続けてきました。その対象はデザインのあらゆる領域にわたり、毎年の受賞数は約700~1,400件、これまでの総受賞数は50,000件以上にのぼります。

過去の受賞作品はこちら

  • GOOD DESIGN AWARD 2018
  • GOOD DESIGN AWARD 2017
  • GOOD DESIGN AWARD 2013

生和の「建築物件作品集」プレゼント