マンション経営を始めるのに自己資金は必要なのか

マンション経営を始めるのに自己資金は必要なのか

マンション経営を始めるのに自己資金は必要なのか

マンション経営に興味はあるけれど、自己資金がないので諦めているという方は多いのではないでしょうか。しかし、マンション経営をする上で自己資金を用意するというのは、必ずしも絶対条件というわけではないようです。
そこで今回は、マンション経営をするのに自己資金は必要なのかということについて解説します。

自己資金の重要性

自己資金がなくてもマンション経営をスタートさせることはできますが、それは自己資金のあるなしがマンション経営の成否にまったく影響しないということではありません。やはり自己資金は多く用意できればマンション経営は行いやすくなります。ただし、マンション経営に興味を持ち、ぜひ始めたいと考えているのに自己資金がないために計画を先送りにするのは、最善とは言えません。 通常、自己資金がない場合は、それを借入金でカバーすることになりますが、金融機関との間で条件が折り合えば、資金が貯まるのを待つよりも融資を受けて始めてしまった方がいい場合もあるからです。 自己資金はあるに越したことはないけれど、ない場合は賃貸経営を断念しなければならないという絶対的な条件ではないということです。

自己資金が少なくても賃貸経営は可能なのか

自己資金が少ない場合は、不足している資金を金融機関から借り入れてマンション経営を始めることになります。その際、融資を受けられるかどうかはもちろん重要ですが、その上で良い条件で融資を受けられるかどうかということです。無理なくマンション経営を行なっていくためには、低金利で長期間の返済が可能なアパートローン等が適していると言えます。
有利な条件で融資を受けるためには、借入れする本人や保証人が以下のような条件を備えている必要があります。

・他に高額な融資を受けていない
・過去にローンなどの滞納歴がない
・土地など担保にできるものを所有する。

そのほか、以下のような点も審査の対象になります。

・購入予定の土地の評価額
・マンション経営を始めた場合の収支計画(事業計画)
・個人属性(勤務先・勤続年数・収入など)
・担保余力

金融機関は、以上のような点を審査して融資の条件を決定します。自己資金を持たずにマンション経営は可能ですが、金融機関から提示された融資の条件で収支計画がしっかり成り立つかどうか、長期に亘り安定的な経営の見通しを立てることが重要です。また、自己資金がしっかり用意できれば、今後のキャッシュフローに余裕が持てるでしょう。ただし、自己資金が用意できなくても、勤務先・勤続年数・年収と言った個人属性や取得したマンションや自宅などの所有する不動産の担保余力などによって、充分マンション経営は可能です。その点をしっかり見極めて実行するようにしてください。

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

会社名
生和コーポレーション株式会社
所在地

西日本本社
大阪府大阪市福島区福島5丁目8番1号

東日本本社
東京都千代田区神田淡路町1丁目3番

会社設立
1971年(昭和46年)4月16日
お問い合わせ・ご連絡先
0120-800-312

他の初めてのアパート経営・マンション経営を見る

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋50年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】50年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312