アパート経営・マンション経営の設備としてインターネットを導入すべきか

アパート経営・マンション経営の設備としてインターネットを導入すべきか

アパート経営・マンション経営で利益を最大化するためには、できるだけ高く家賃を設定して、しかも空室を出さないようにする必要があります。そこでまず重要視されるのが、駅からの距離や周辺環境などの立地条件ですが、それらの条件は気にいらないからといって後から変更することはできません。その点、風呂の追い焚き機能やオートロックなどの設備面の充実は、比較的取り組みやすいため、随時検討しておく必要があります。
そこで今回は設備面の中でも、特に技術的な進歩が早く、設備面での移り変わりの激しいインターネット設備の導入について解説することにします。

賃貸アパート・賃貸マンションにどの程度のインターネット設備が必要か

アパート経営・マンション経営は、長期間継続していく事業です。その一方でインターネットを巡る環境は、技術革新が著しく年々変化し続けています。そのためオーナー様は、どこまで設備を整えることが最も入居者のためになるか、先を見越して判断しなければなりません。そこで以下にいくつかの段階に分けてその必要性を解説することにします。

無料インターネットを完備する

一時期、無料で光ケーブルなど固定回線のインターネットを使えるアパート・マンションが評判でした。確かにある程度の効果はありましたが、どうしても家賃が多少割高になることや、スマートフォンやタブレットの普及で固定のインターネット回線の必要性が低下したこと、携帯電話会社による囲い込み戦略などによって(スマートフォンとインターネット回線の同時契約で割引など)、現在ではその優位性は限定的なものになっているようです。費用対効果やモバイル技術の進歩を考えると、無料インターネットの完備は、よく考えて実行する必要がありそうです。

無料WiFiを完備する

アパート経営・マンション経営において、現在主流になってきているのが無料WiFiの完備です。全戸にWiFi機器を設置するタイプと何カ所かの共用部分にWiFi機器を設置して全戸をカバーするタイプの二種類があります。
繋がりやすさなどの使い勝手は、全戸にWiFi機器を設置するタイプの方が優れていますが、何カ所かの共用部分にWiFi機器を設置するタイプは、オーナー様が負担する費用が少ないというメリットがあります。 同じようなサービスを数多くの通信会社やインターネット関連機器会社が提供しているため、導入する場合はできるだけ複数のサービスを比較してから決めた方がいいようです。


比較的新しい技術であるインターネットは、この先大きく変化していく可能性があります。そのため、高額の投資や、あとから変更しにくい設備の導入は極力避けた方が安全です。固定回線の無料インターネットと比較して、取り外しや変更が容易な無料WiFiは、今後シェアの拡大が予想されます。

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

他の初めてのアパート経営・マンション経営を見る

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋45年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】40年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312