アパート経営・マンション経営でローンを活用するメリット

アパート経営・マンション経営でローンを活用するメリット

アパート経営・マンション経営でローンを活用するメリット

アパート経営・マンション経営をする際、自己資金がどの程度準備できるかに関わらず、ローンを活用することにはメリットがあります。ローンにはどのような種類があるのでしょうか。また、ローンを活用することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。今回は、ローンを活用した場合のアパート経営・マンション経営について解説します。

アパートローンと住宅ローンは何が違うの?

アパート経営・マンション経営では、自己資金以外に必要な費用をアパートローンによって資金調達するのが一般的です。住宅ローンでは、本人の家族が住むための住宅および付随する土地を購入するための資金を借りるのに対し、アパートローンは、購入資金以外にも、アパート・マンションの建築資金、リフォーム資金、現在所有しているアパート等の修繕・改築、以前に借入れたアパートローンの借換え資金などとしても利用することができるなど幅広い用途に使えるローンです。
住宅ローンとアパートローンでは、使い道が違うため、審査の基準も違います。住宅ローンでは、借りる人の年収や勤務先など返済能力(与信能力)が重視されます。一方、アパートローンの場合は、本人の返済能力だけでなく、物件の担保としての価値や、安定した家賃収益が得られるのかも重視されます。
住宅ローンと比べて、アパートローンの方が物件の事業性などを厳しく審査し、金利も高い傾向にあります。金融機関によって設定されている金利に違いがあるのでローンを組む前にしっかりと確認することが必要です。

ローンを活用して収益性を高める「レバレッジ効果」とは?

自己資金が少なくても、ローンを利用し収益の大きな物件を購入することで、レバレッジ効果を期待することができ収益性を高めることができます。レバレッジとはてこを意味し、少ない自己資金でより大きな金額の取引を行うことを指します。不動産ではローンを用いてレバレッジをかけることができます。
例えば、自己資金1000万円で、利回り10%の物件を購入する場合、ローンを活用しないで1000万円の物件を購入すると年間収益は100万円(1000万×10%)になります。しかし、自己資金1000万円とローン4000万円で5000万円の物件を購入すると、年間収入は500万円(5000万円×10%)になります。ローンの金利を3%とすると、年間で支払う利息は120万円(4000万×3%)です。ローンを活用した場合の実質の年間収益は380万円(500万-120万)になります。この差額がレバリッジ効果によるものです。

同じ自己資金、同じ利回りで運用しても、ローンを活用するかどうかで280万円(380万円-100万)も収益が違ってきます。このように少ない資金でより大きな利益を得られるのがレバレッジ効果です。ただし、どの程度のレバレッジ効果が期待できるかは、借入の金額や金利の変動によって大きく変わってきます。ただし、金利負担等の条件によっては、リバレッジ効果を期待せず、ローンを利用しない方が、より収益性が高くなる場合もあります。

不動産投資ローンを活用するときの注意点は?

不動産投資ローンを活用することにはメリットもありますが、注意点もあります。
上記の例では、利回りを10%と仮定していました。しかし、実際には満室の状態がずっと続くわけではなく、空室が発生することがあります。空室期間が長ければ長いほど、家賃収入が減ってしまいます。また、経年劣化や近隣の相場に合わせて家賃を下げなければならないかもしれません。そうなると、想定していた収益が得られなくなります。さらに、不動産投資ローンで、変動金利型を選択した場合は、金利の変動によって収益性が大きく違ってきます。
レバレッジ効果だけを期待して過大な不動産投資ローンを組むと、空室問題や家賃変動、金利変動によって毎月赤字が積み重なり、返済ができなくなってしまう危険があります。


アパート経営・マンション経営では、空室リスクを避けることが安定経営において最も重要です。空室により家賃収入が減ってローンの支払いができなくなり、さらに大きな負債を抱えることも考えられます。入手しようとしている物件が、将来的に安定運用が可能かなど、よく調査して間取りを含め、その地域の需要に合っている物件か見極めることが重要です。

関連するタグはこちら

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

会社名
生和コーポレーション株式会社
所在地

西日本本社
大阪府大阪市福島区福島5丁目8番1号

東日本本社
東京都千代田区神田淡路町1丁目3番

会社設立
1971年(昭和46年)4月16日
お問い合わせ・ご連絡先
0120-800-312

他のアパート経営・マンション経営の資金と管理・運営を見る

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋50年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】50年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312