マンションの修繕診断にかかる費用の相場とは

マンションの修繕診断にかかる費用の相場とは

マンションの修繕診断にかかる費用の相場とは

年月とともにマンションは劣化をして行き、10年を過ぎた頃に大規模な修繕工事が行われることが多いといえます。

大規模な修繕工事は長く、安心して、そのマンションで暮らしていく上で重要なものです。

マンションの修繕診断

マンションの修繕診断は、劣化状態などを確かめ、修繕工事の実施時期を把握するためなどに行われる診断です。

診断を行うことによって、問題があるか所などを早期に発見し、大事に至らないように早急な対策を検討することが可能となります。

診断内容としては、ひび割れ診断、防水診断、金属の劣化診断などが挙げられます。

診断で出された結果は、今後の修繕についての判断をするための資料などとして用いられます。

マンションの修繕費用

マンションは10年から15年に1度、大規模な修繕工事が行われることが多いです。

その大規模な修繕工事に使われるのが修繕積立金です。

修繕積立金は、外壁の修繕や、階段などの塗装などの大規模修繕に使われるお金で、マンションの住人から管理組合が一定額を毎月徴収し、それを大規模修繕に当てたりします。

大規模修繕積立金は、大規模修繕の費用を想定して、その総額を専有面積比率に応じて各区分所有者に割り振りがなされ、10年間で積み立てられるように月額を決める必要がありますが、多くの場合、大規模修繕計画が出された段階で足りないということが起きます。

これは、デベロッパーなどがマンションの販売を優先するため、積立金が低く設定されているために起こります。

足りない分は、占有面積比率などに応じて、一時金としてマンションの住民から徴収される場合があります。

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

会社名
生和コーポレーション株式会社
所在地

西日本本社
大阪府大阪市福島区福島5丁目8番1号

東日本本社
東京都千代田区神田淡路町1丁目3番

会社設立
1971年(昭和46年)4月16日
お問い合わせ・ご連絡先
0120-800-312

他の建物管理の建物維持管理についてを見る

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋50年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】50年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312