アパート経営・マンション経営にかかる修繕費の目安とは

アパート経営・マンション経営にかかる修繕費の目安とは

アパート経営・マンション経営にかかる修繕費の目安とは

アパート経営・マンション経営をする上で、意外とかさむのが修繕費です。しかし、あらかじめ必要となる修繕費を想定しておけば、何ら問題はありません。
そこで今回は、アパート経営・マンション経営にかかる修繕費の目安について解説します。

アパート経営・マンション経営にかかる修繕費

修繕費にはさまざまなものがありますが、おおむね以下のように分けて考えると把握しやすくなります。

・大規模修繕費用
エレベーターなど機械設備の修理、給排水等の配管修理、外壁修理や塗り替えなど多額の費用がかかる修理です。10~15年を目安に、必ず必要となる上、古くなればなるほど費用がかさむようになるなど経営への影響が大きいため、日頃から費用を積み立てておくことが大切です。

・修繕予防費用
アパートやマンションなどの建物は、普段から手入れをしていれば、良好な状態を長期間にわたり維持できます。外壁の状態チェック、屋上防水、シロアリ検査などを普段からきちんと行っておくことによって、大規模修繕費用を低くおさえたり、実施する間隔を伸ばしたりすることができます。

・小規模修繕費用
日頃から外観や共用部分の状態チェックを行うことによって、アパートの印象を常に良好な状態に保つことができます。また、各入居者様のクレーム対応をきちんと行っておくことによって、空室が出た際の修繕費を低くおさえ、原状回復に要する日数も短縮できるため、素早く次の入居者様を探すことにもつながります。特に年数が経過した物件については、古さを感じさせないリフォーム工事等も空室対策には有効な手段と言えるでしょう。

修繕費の目安

修繕費は破損の状態や範囲など、さまざまな要素が関係するため一概には言えません。たとえばエアコンひとつとっても、数千円の修理で済む場合もあれば、買い換えなければならない場合もあるからです。
しかし、ある程度備えておかなければ、緊急時にすぐに対応することができません。
そこで、お勧めしたいのは、修繕費用をある程度想定して積み立てておくことです。たとえば大規模修繕費用などは、実施する時期や必要とする費用をある程度想定することができるので、その必要額を積み立てておきます。想定できない細かい修繕費は、家賃収入の何%かを毎月積み立てておくと安心です。


外観がいつもきれいになっていると、入居者様は安心して長く住み続けてくれるようになります。また、空室が出た際にも新しい入居者様が決まりやすくなるはずです。そのためには、常に素早く対処できるように準備しておくことが大切です。

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

会社名
生和コーポレーション株式会社
所在地

西日本本社
大阪府大阪市福島区福島5丁目8番1号

東日本本社
東京都千代田区神田淡路町1丁目3番

会社設立
1971年(昭和46年)4月16日
お問い合わせ・ご連絡先
0120-800-312

他のアパート経営・マンション経営の資金と管理・運営を見る

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋50年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】50年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312