マンション建設のローンと金利の関係性について

マンション建設のローンと金利の関係性について

マンションを建設するには多額の費用がかかります。自己資金だけで賄えない分は、たいていはローンを活用してマンション建築を始めます。ローンには多くの種類やプランがあり、金利の設定も様々です。マンション建築で利用できるのはどのようなローンなのでしょうか。またローンを選ぶ際にどんな点に注意が必要でしょうか。
ここでは、マンション建設において条件次第で利用可能なアパートローンについて解説します。

住宅ローンとアパートローンの違いは?

マイホームを建てるためには住宅ローンを利用しますが、自宅用以外のマンションの建設にはアパートローンを利用するのが一般的です。住宅ローンは自分が住むための住宅を新築したり購入したりするためのローンで、アパートローンは賃貸用住宅の建築や購入などに用いるためのローンです。住宅ローンとアパートローンでは目的が違うため、審査にも違いがあります。住宅ローンでは、給料からローンの返済をしていくことになるので、借入する人の仕事や収入など本人の返済能力が重視されるのに対し、アパートローンでは、家賃収入から返済していくことになるので、本人の返済能力に加え、取得しようとしている物件の価値や収益性に重点をおいて評価します。一般的に住宅ローンよりもアパートローンの方が審査が厳しく、金利も高く設定されています。

アパートローンはどこで借りられるの?

アパートローンを取り扱っている金融機関はいろいろありますが、金融機関によって審査の基準、金利の設定に違いがあります。
民間金融機関として、都市銀行、地方銀行、信用金庫があります。金融機関によって取り扱っているアパートローンのプランは様々ですが、一般的に金利は都市銀行が一番安く、地方銀行、信用金庫と高くなっていく傾向があります。ただし、審査の厳しさは反比例して都市銀行が一番厳しく、地方銀行、信用金庫の順に若干ですが緩くなる傾向があると言われています。しかしながら、いずれにしても事業計画が重視され、収益性・資産価値・借主の属性等で融資の実行を審査します。

固定金利と変動金利はどう違うの?

金利の種類には固定金利と、変動金利があります。固定金利には、借入期間中ずっと金利が固定されたタイプと、2年、5年、10年、20年など期間が固定され、その期間が終了した時点で、あらためて固定金利か変動金利かを選ぶことができるタイプがあります。
固定金利は、借入したときの金利で変動がないため、長期的な計画を立てやすいというメリットがあります。世の中の金利が上がっても、借入したときの金利のままで良いので、利子の支払いは少なくて済みます。しかし、世の中の金利が下がっていく場合は、相対的に高い金利で払い続けることになります。また、固定金利の方が、変動金利よりも高めに金利が設定されているのが一般的です。
一方、変動金利とは、文字通り金利情勢によって金利が変動していくものです。一般的に変動金利の方が固定金利よりも設定時の金利が低い特徴があります。しかし、将来的に金利が上昇すると、借入残高の金利負担が増えてしまうリスクがあります。


アパートローンを取り扱っている金融機関は多くあり、それぞれに特徴があります。また、金利の選択についても固定金利にするか変動金利にするか判断に迷うかもしれません。どのような選択が最適かは一概に言うことはできませんが、アパートローンの選択によってローン返済総額に大きな差が生じるので、慎重に検討するようにしましょう。

他の初めてマンション建築をご検討の方へを見る

  • マンション建築・経営で失敗しないために知っておきたいこと
    事業を転換して収入を安定させるためや、将来の相続税対策のためにマンション経営を始めようと考えたとき、どうしても頭をよぎるのは失敗したときのことです。マンション経営を始めるということは、多くの場合、借り…

    詳しく見る

  • マンション建築に関わる補助金制度について
    マンション経営をはじめるためには、まず賃貸物件を用意しなければなりません。しかし、マンションを新しく建築するとなると、膨大な費用が必要となります。この費用負担を少しでも軽減するために、検討する価値があ…

    詳しく見る

  • マンションの建築費と坪単価計算方法
    マンションを建築する際、資金調達の面を含め、収支計画書を策定する上で建築費がどのくらいかかるかは非常に重要なポイントです。マンション建築はかなり高額の投資になるため、複数の建築会社から土地の立地条件や…

    詳しく見る

  • マンション建築に必要な手続き・届出と手順について
    マンション建築を思い立って、土地と資金の目処がついたとしても、いきなり建築できるわけではありません。一般住宅と同様にマンション建設には建築前や建築後だけでなく、建築の途中にも適切な検査を受けるなど様々…

    詳しく見る

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋45年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】40年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312