マンション建築で失敗しないために知っておくべきこととは

マンション建築で失敗しないために知っておくべきこととは

マンションを建築するというのは、費用もかかりますし、その後の運営が上手くいくかどうかを考えると、非常に不安を覚えるものでもあります。

マンション建築を失敗をしないためには、いくつかの知識を身につけておく必要があるでしょう。

その知識とはどういったものなのか、ご説明します。

建築方法を知っておく

マンションにはどんな建築方法があるのか、ご存知でしょうか。

マンションの建築方法には様々なものがあり、それによって費用や構造も変わってきます。

例えば「鉄筋コンクリート造(RC造)」「鉄骨造(S造)」「鉄筋コンクリートと鉄骨を組み合わせた建築方法(SRC造)」など、構造だけでもこれだけのものがあります。

構造によって耐震性、遮音性、遮熱性、建築費等も大きく変わってきます。

マンション建築をする際、どうしても「初期費用を安く抑えたい」という気持ちが起こってきますが、入居者の目線はシビアです。

構造によって音が響きやすいことや、耐震性に不安があることなど、様々なことをチェックしてからマンションを購入、または借り入れるかを検討するのです。

入居者の中には、構造等は全く気にせず「とにかく安いところを」と考える方もいますが、建築してしまう前に、どういった層の人々に入居してもらいたいかを考えた上で、建築方法を選択する必要があります。

立地条件を考える

入居者が最も重視するのが「立地条件」です。

例えば、公共交通機関の利便性、周辺の生活施設、自然環境など、そのマンションが、自分が住むのに困らない環境にあるかどうかを考えるということです。

マンションを建築する際にはもちろん、このことを踏まえて、建設予定地の立地条件の特徴を把握し、どういった層に有効な土地なのかを考えた上で、建築方法も選択する必要があります。

単身者や学生をターゲットにするなら、通勤や通学の利便性が良いところである必要がありますし、ファミリーをターゲットにするなら、近くにスーパーマーケットや大型量販店、学校、公園などがあるかどうかを視野に入れておきましょう。

地域の詳しい特性については、その土地に詳しい、地元の不動産業者に詳しく聞いてみるのも有効です。

マンションの差別化を考える

どのターゲットにも有利でない立地にマンションを建てるという場合は、マンションに他とは違った特徴をつけて、差別化を図ることを考えましょう。

差別化を持ったマンションであれば、同じような建物群が揃うマンションの中でも、入居者のニーズに叶う物件として注目を集めることが可能になります。

他のマンションとの差別化を図ることで、入居者集めに失敗するリスクを減らし、より多くのユーザーを獲得できる強みを持った物件となります。

それなりに維持費や手間のかかるものもありますが、ペットが同居できるもの、ガーデニングができる仕様になっているもの、全室がブロードバンド対応になっているもの、簡単な家具や家電が設置してあるものなど、専用機能をつけて、付加価値をつけると、入居希望者が募りやすくなります。

もちろんそうするためには、建築の段階からそういった仕様にしておく必要もありますので、立地条件を確認した上で「入居者に特にこれといったメリットがないかもしれない」と考えられる場合には、こういった方式のマンションの経営の仕方を念頭に入れておけば、失敗を避けることが可能だと考えられます。

依頼する建築業者の選定

最も考えどころなのが、建築業者の選定です。 基本的には、大手に頼めば失敗せずに安心できるのではないか、と考えてしまいますが、安心な分コストも余計にかかってしまいそうですし、プランにも限りがあり、考えていたような仕様のものに仕上がらなかった場合のことを考えると、不安を覚える方もいるのではないでしょうか。

地元のニーズにマッチした建物にするために、地元の企業から探してみるのはどうだろうか、と考える方もいることでしょう。

こういった場合には、自分がどのようなマンションを建築しようと考えているのか、リストに特徴を書き出してまとめて見ると選定がしやすくなります。

マンションは建築して終わりではなく、その後長く経営していくものですので、そのことを考えた上で建築プランを立てる必要があります。

業者の選定の前に、チラシや賃貸住宅情報などをリサーチして、他では何をターゲットに、家賃をどのくらいに設定して、どのような建物で入居者を募っているのか、といった情報を、できるだけたくさん集めておき、より綿密な建築プランにしていくことも大切です。


このように、マンションを建築する際には、ただ自分のイメージで良さそうなものを立てるというのでなく、その後入居者を切らさない仕様や立地条件を考える必要があります。

その上で、建築方式や建築業者を選ぶことが重要になるのです。

もちろん、そのためのリサーチも必要ですし、自分自身がマンションに関する知識をきちんと持っていることも大切になりますので、成功のための下準備はしっかりとしておくようにしましょう。

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

他の初めてマンション建築をご検討の方へを見る

  • マンション建築にかかる期間(工期)の目安と工程について
    多額の費用をかけて建築するマンションですので、工事が順調に進んでいるのか不安に感じることがあるかもしれません。しかし、マンションの建築にかかる期間(工期)を知っていれば、工期が適正かどうか判断する目安…

    詳しく見る

  • アパート経営・マンション経営に多い騒音トラブルへの対策と解決方法
    アパート経営・マンション経営を行っていると、入居者様からさまざまなトラブルが持ち込まれます。中でも多いのは、上の部屋や隣の部屋から聞こえる騒音によるトラブルです。トラブルが発生した場合は、速やかに対処…

    詳しく見る

  • マンション経営の騒音トラブルを起こさないための対策
    マンションへの入居を希望される方は、ある程度の音が聞こえることは想定の範囲に入れていることでしょう。 しかし、構造上問題があったり、近隣への配慮が不足している入居者がいたり、生活時間が異なっていたり、…

    詳しく見る

  • マンション建築のローンや金利の相場とは
    マンションの建築には、多額の費用がかかりますので、ローンを組むことは必須です。そこで、マンションの建築に適したローンとはどのようなものなのか、またその金利の相場はどうなっているのか、この辺りをきちんと…

    詳しく見る

  • マンション建築に補助金は適用されるのか
    補助金とは、国や地方自治体が公益のために必要とみなされる事業に対して支払うお金の給付のことです。 マンション建設の際に補助金を受けることができれば、資金調達の負担が軽減されます。 補助金を受けるのは簡…

    詳しく見る

  • マンション金利のツボ単価はいくらくらい
    不動産の価値を示す方法としてツボ単価という表現方法が用いられることがあります。 一坪当たりの価値が決まっており、それに実際の坪数をかけるとその不動産の価値が計算できるのです。 地域によって坪単価が異な…

    詳しく見る

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋45年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】40年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312