1. ホーム
  2. 生和ジャーナル
  3. 不動産生前贈与は相続税対策に大きなメリット

土地や建物に関するコンサルティングカンパニーSEIWAから土地オーナーの皆様の今後をサポートする情報を毎月お届けする「生和ジャーナル」vol12

不動産生前贈与は相続税対策に大きなメリット

資産を早期に若年層へ移転させるために

贈与者の年齢を引き下げ、孫も受贈者になります

以前に本紙でも紹介しましたように平成25年度税制改正では、相続税は増税となりましたが、贈与税は減税となりました。

今回は、贈与税減税のポイントについて見ていきます。

まず、今回の改正では税率構造が見直しされ、贈与者の区分に応じて税率が変わり、その税率も細分化されました(下表1)。これにより平成27年1月1日以降の贈与から贈与税が若干安くなります。

たとえば、500万円の贈与を受けた場合を例にしてみると、現行では(500万円~基礎控除110万円)×20%~25万円=53万円ですが、改正後は(500万円~110万円)×15%~10万円=48万5000円となります。

また、相続時精算課税制度について、受贈者の範囲に、20歳以上の孫(現行推定相続人のみ。子が既に亡くなっていて推定相続人になっている孫を含む)が加えられ、贈与者の年齢要件は60歳以上(現行65歳以上)に引き下げられます。

相続時精算課税制度とは、贈与者から贈与を受けた財産について、2,500万円までは贈与時の贈与税は非課税(2,500万円を超える部分については20%の税率で贈与税が課税)とされ、その贈与者がなくなった場合には、その贈与財産の贈与時の価額と相続財産の価額を合算して、相続税として精算(本制度により納付した贈与税額については相続税額から控除)する制度です〈下表2〉。また、孫の場合は、原則として相続税の精算時(申告時)に20%加算の対象となリますので注意が必要です。

不動産の生前贈与

生前贈与できる資産は現金だけではありません。現金のほかに不動産や有価証券なども含まれます。これらの財産評価は贈与時点のものとなるので、後に評価額があがっても相続時には影響しません。今後価格が上昇すると思われるものについては有効な手段となります。

デフレ時代においては、これらの資産の価値が上昇することは考えにくいことでしたが、自民党政権になってからは、アベノミクス効果もあり、不動産の資産価値も上昇の気配を見せています。

そこで、アパート・マンションをお持ちの方には、表面で説明した「相続時精算課税制度」を利用した生前贈与が、相続税対策として有効になります。アパート・マンションを生前に贈与することで、そのまま所有していれば現金として蓄積されて相続財産としてみなされることになる「家賃収入」が、相続人に移転され、逆に相続時の納税資金として期待できるようになるのです。

また、マンション経営を法人化して行なっている場合は、株式の一部または全部を子や孫に所有させることによって、無税で収益不動産を子や孫に移せます。将来に渡って発生する収益も自動的に子や孫のものとなります。 

アパート・マンションを贈与する場合は、評価額が固定資産税評価額となるため時価より低い上、さらに借家権割合の分が評価減になり、おおむね時価の40%で贈与することができます。現金で不動産と同額を贈与した場合と比べ、納税額を少なくすることができるため、現金を収益物件化して、生前贈与をするという手段も考えられます。

【注意点①】長期にわたる定額贈与には危険性があります

暦年課税を適用する場合、1年ごとに110万円の基礎控除が認められているため、同じ金額を贈与するならば、なるべく長い期間にわたって贈与を行った方が税負担は少なくなります。2,000万円の贈与では、100万円ずつ20年にわたって贈与を行った場合は、それらの贈与はすべて110万円の基礎控除の範囲内となるため、贈与税はゼロになります。ただし、途中で贈与者が死亡してしまった場合、将来贈与するはずであった財産について相続税の課税対象となることはもちろん、相続発生前3年以内の贈与についても相続財産に引き戻され相続税の課税対象となってしまいます。また、基礎控除以下の100万円の生前贈与を毎年繰り返すと、20年間にわたって毎年100万円ずつ贈与を受けることが、贈与者との間で約束されている場合には、税務署によっては1年ごとに贈与を受けると考えるのではなく、約束をした年に、定期金に関する権利(20年間にわたり毎年100万円ずつの給付を受ける権利)の贈与を受けたものとみなされて贈与税がかかってしまう場合があります。

【注意点②】よくあるのが、贈与した「つもり」

贈与は、贈る側と受け取る側の合意があって初めて成立します。たとえば、子どもや孫の口座に毎年内緒で基礎控除額以下の100万円を振り込んでいて、贈与と認められないケースはよくあります。

子どもや孫がもらったという認識がなく、通帳も印鑑も親や祖父母が管理しており、通帳に使った形跡が見られないというような場合には贈与が成立せず、親の相続財産とみなされる場合があります。

ワンポイント

トキワユナイテッド
パートナーズLLP
代表パートナー・税理士
鈴木 広典

収益不動産は生前贈与の
メリットあり

最近、ご所有の収益不動産を生前贈与で子や孫へ贈与したいという方が増えております。収益不動産を保有している方は、そこから得られる賃貸収入も現金として貯まってしまい、これに対しても相続税が課税されることになります。一方、子や孫に生前贈与した場合には、その得られる賃貸収入は直接相続人に貯まることとなり、相続税の課税を回避することが可能となります。特にまだ若いオーナーの場合、相続発生までに貯まる賃貸収入も大きくなることから、その分メリットも大きくなります。今回の改正では、相続時精算課税制度において贈与者の年齢制限が60歳に引き下げられたことから、生前贈与を活用できる方がより増えることになりました。

賃貸住宅経営のことがよく
わかるおすすめ書籍

世界の有名な建築物を
ご紹介します!

エリザベス・タワー
「ビッグ・ベン」(イギリス)

イギリスの首都ロンドンにあるウェストミンスター宮殿(英国国会議事堂)に付属する時計台の大時鐘は、長年の間「ビッグ・ベン」の愛称で親しまれてきました。いつの間にか時計台全体、あるいは大時計そのものが「ビッグ・ベン」と呼ばれるようになっていました。1834年に焼失したウェストミンスター宮殿の再建には、チャールズ・バリーの設計したゴシック復興様式のものが採用されました。バリーは併設する時計台の設計をオーガスタス・ピュージンに依頼。「クロック・タワー」は、エリザベス2世の在位60周年を記念して「エリザベス・タワー」に改称されることになりました。

贈与税が減税に!?知らないと損をする相続・贈与税の大改正まとめ