田舎ならではのメリットを活かす!賢い土地活用の方法とは?

田舎ならではのメリットを活かす!賢い土地活用の方法とは?

田舎ならではのメリットを活かす!賢い土地活用の方法とは?

空き家の増加など、固定資産に関する社会問題はたくさんあります。田舎の土地を相続などによって手に入れた場合も、そのひとつの問題です。

田舎の土地を所有した場合に問題になる理由としては土地を所有した人たちは別に住まいがあるため、入手した土地に住まないケースが多いため、活用せず放置状態となってしまうことです。そこで入手した田舎の土地を、いかに活用するかということが大切になってきます。特にその土地の条件に合った活用方法を選べるかどうかがカギを握るでしょう。

ここでは田舎ならではの特徴を活かした、成功する土地活用の方法をご紹介いたします。

土地の条件で使い道は変わる

実家の土地家屋などを相続などによって所有することになった場合、一番頭を悩ませることになるのは固定資産税のことではないでしょうか。

仮に田舎の土地などを使用せずに保有していたとしても毎年固定資産税の支払いをしなければなりません。その場合は固定資産税の支払いの補填や利益となるような土地活用が望まれます。しかし田舎と一口に言っても、周辺の産業や人口などによって向く土地活用と向かない土地活用があることは事実です。

例えば東京23区などでは地域により土地の価格差こそあれ、ほぼどこでも住宅用あるいは商業施設どちらの活用も可能でしょう。これは東京都23区における居住・商業人口の集中や交通機関の充実により「その土地に住みたい」「使いたい」という需要が高いからにほかなりません。

さらに土地の活用というのは住居や商業分野だけにとどまりません。また土地の広さや形などの条件によっても使い道は違ってきます。周辺の環境や人口などによって「住宅がいいのか」「その他の使い道がよいのか」を判断する必要があるのです。

土地活用の王道!賃貸住宅経営

土地を所有したらその活用方法として多くの人が真っ先に考えるのは賃貸住宅経営ではないでしょうか。

確かに土地活用といえば賃貸住宅経営が基本です。賃貸住宅経営は都市部以外の田舎においても経営としては成り立ちます。首都圏や関西、中部、九州などの都市だけでなく、その周辺地域は交通の利便性も高まりベッドタウンとしての発展を遂げています。田舎でも隣接地域への通勤者が多いところでは賃貸アパートや賃貸マンションの需要があります。

ここで考慮しておきたいのが、賃貸住宅を建てるにあたり、土地の向き不向きの条件もあるということです。田舎ではファミリー世帯においては戸建ての需要のほうが高い傾向なのでアパートなどを建築する際は立地を慎重に検討する必要があります。周辺に大学や工場など「単身者を中心とした入居の見込みができるかということ」や「駅などに近いかどうか」という土地の属性を考える必要があるのです。賃貸住宅を建てても入居がなければ借金だけが残ってしまいますので、周辺状況の調査は重要といえます。また土地の広さや場所によって変わるので土地活用の専門家やプロに相談したほうがよいでしょう。

ニーズは高い!サービス付き高齢者向け住宅

居住する側の立場に立ってみると住まいが交通の便が悪い立地だったり学校や勤務先が遠かったりすると不便を感じるものです。またスーパーなど日常の買い物にも一苦労するような場所であればなおさらです。こういった環境や条件などで一般的な賃貸住宅を作りにくかったり交通の便が悪かったりするといった土地を所有している場合はどうしたらよいでしょうか。

実は土地の属性が居住に不向きな場所でも成り立つのがサービス付き高齢者向け住宅です。サービス付き高齢者住宅の建築には毎日の通勤通学や買い物といった生活基盤を考慮する必要がありません。さらに1度入居者様が決まれば、簡単には出入りしないので、いったん稼働率を上げてしまえば、高い稼働率を維持しやすいというメリットがあります。

また自然に恵まれた地域での立地であれば、自然に触れたり澄んだ空気を取り入れたりすることによって入居者様の精神的な安定や健康面でも良い影響を与える可能性も高まります。高齢者社会となる中、安心を届けることができるサービス付き高齢者向け住宅の需要については注目です。運営面など個人では難しい場合があるので、経営側ではなく建設地を貸すということも視野に入れましょう。

田舎の恩恵を活かすなら!太陽光発電

田舎の土地活用方法には田舎ならではの特性を活かしたものもあります。田舎は周囲に高いビルや建物が密集しておらず太陽の恩恵を十分に受けられた自然に恵まれている土地が多くあります。こうした周辺に日光を遮る障害物がないという田舎ならではのメリットを活かすという点にも着目してみる必要があるでしょう。

田舎ならではの土地環境を活かすのにおすすめなのは太陽光発電用地として利用する方法です。平地だけではなく山間部の昼間の日当たりに問題がない土地であれば、他に方法が見出せない場合の活用方法として優れているといえます。また利益面に目を移すと太陽光発電用地としての利用の場合、住宅建設よりもコストは大幅に削減できますし送電に支障がなければ安定した収入も得ることができます。

運営や契約も住宅経営と比べると複雑ではないでしょう。ただし、どうしても自然が相手になるので季節要因による考慮が必要です。日当たりの違い(落ち葉が多い、雪が深いなど)についての年間計画とともに土地を長期間貸し出すことを考慮した綿密な長期計画を立てることが望まれます。

田舎の所有地を遊ばせない!利益を生む有効活用がカギ

田舎の土地を所有した場合に、まず悩んでしまうポイントは「自分たちがその地域へ住むかどうか」ということではないでしょうか。

田舎の土地や家屋を相続して、そのまま移り住むことができる場合もあるでしょう。しかし家族の事情などでなかなかそういうわけにはいかないことも考えられます。そうはいっても所有した土地をそのまま放置しておくのも考え物です。固定資産税の課税もありますし土地は活かしてこそ自分自身かつ、社会的な利益にも通じていきます。

田舎の土地の活用には一般的な賃貸住宅経営やサービス付き高齢者住宅、そして太陽光発電用地などがおすすめです。土地の条件や向き不向きを考慮した方法としては駐車場やコンビニ経営用地など土地を貸すといった方法もあります。せっかく所有した土地を遊ばせるのではなく、利益を生むことのできる土地へとしていくことが大切でしょう。そして田舎という条件のもと、その土地に適した利用の仕方を将来性も含めながら熟考することが一番の要因となります。

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

会社名
生和コーポレーション株式会社
所在地

西日本本社
大阪府大阪市福島区福島5丁目8番1号

東日本本社
東京都千代田区神田淡路町1丁目3番

会社設立
1971年(昭和46年)4月16日
お問い合わせ・ご連絡先
0120-800-312

他の土地活用の基礎情報を見る

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋50年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】50年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312