建物管理を委託する際の契約の流れ

建物管理を委託する際の契約の流れ

建物管理を委託する際の契約の流れ

建物管理の委託

マンションなどの建物管理を行うにあたり、管理者個人での点検等が難しい場合、専門の業者へ委託をすることが可能です。

メリットはなんといっても個人の専門知識がなくても、ある程度はお任せで管理してくれるところでしょうか。

では、そんな建物管理の委託について、その流れを紹介します。

管理を委託する

たいていの建物のオーナーは、まず不動産会社に委託します。

不動産は借主の入居から退去までの一連の管理を行います。

管理業務の内容は入居者管理と建物管理の2つがあり、契約の内容によって委託できる業務が変わってきます。

建物管理の委託

建物管理とは日常的な清掃や巡回などの業務と、入居者が退去したあとの状況に応じたクリーニング、リフォームなど、また、その物件が劣化してしまわないための補修などの長期的な業務まであります。

どのような業務を委託するかは、委託する業者によって請け負っている内容が異なってきますので、予算等と照らし合わせて契約を結ぶ必要があります。

委託する手順

建物管理業務の委託については、委託をする不動産会社等と打ち合わせが必要になります。

管理業務に関しては不動産会社に対して法規制がないことと、業務内容が多岐にわたる為、委託する際はどこまでを委託するのか、委託にかかる経費はいくらくらいかかるのかを十分に検討し、慎重に判断すると良いでしょう。

委託の際のポイントは、契約内容を隅から隅まで把握しておくことです。

その理由は上記でも述べたように、管理業務には法規制がないからです。

万が一トラブルが起こった場合、契約書が必ず必要になります。

というよりも、契約書だけが解決のよりどころとなります。

また、業務内容とそれに見合う費用かどうかも考えなければなりません。

業務内容を明確にすることが必要です。

よくあるご質問

土地活用・不動産経営は初心者なのですが、どのように相談をおこなえばよいでしょうか?
弊社HPの電話もしくはお問い合わせフォーム・資料請求フォームから、お気軽にお問い合わせください。ご要望に応じて、オンライン面談・電話・メール等での対応が可能です。
生和コーポレーションの土地活用・不動産経営には、どのような特徴があるのですか?
4大都市圏での営業に特化し、土地活用一筋50年を超えております。マンション・アパートの累計着工戸数は100,000戸を超え、都市部に強い生和だからこそ、サブリース・一括借上げの入居率98%台を実現しています。
お問い合わせ後の流れはどのようになっているのですか?
お問い合わせ頂いた電話番号もしくはメールアドレスに担当がご連絡致します。
お客様のご相談内容に応じて、経験・知識が豊富な担当が対応致します。
その他のよくある質問

土地活用一筋50年。累計着工戸数100,000戸超の実績。
冊子・DVDをプレゼント

【無料】資料をもらう

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

会社名
生和コーポレーション株式会社
所在地

西日本本社
大阪府大阪市福島区福島5丁目8番1号

東日本本社
東京都千代田区神田淡路町1丁目3番

会社設立
1971年(昭和46年)4月16日
お問い合わせ・ご連絡先
0120-800-312

他の建物管理の基礎情報を見る

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋50年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】50年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312