エレベーター点検に課せられている義務と周期

エレベーター点検に課せられている義務と周期

エレベーター点検に課せられている義務と周期

エレベーター点検の必要性

ビルなどに設置されているエレベーターですが、安心安全に利用するために、管理者には定期的な点検の義務が課せられています。

具体的には建築基準法第8条で「建築物の所有者、管理者又は占有者は、その建築物の敷地、構造及び建築設備を常時適法な状態に維持するように努めなければならない」と定められています。

つまり、点検を怠ってしまうと、法律で罰せられるのです。

近年ではエレベーターに関する事故も増えていますので、管理者は定期的に点検を行う必要があると思われます。

また、エレベーターの耐用年数は25~30年(税法上の耐用年数は17年)となっていますので、長く使用する設備としては定期的なメンテナンスは欠かせません。

エレベーターの法定点検

エレベーター点検には周期があります。

車でいう車検のようなもので、法律で義務付けられている法定点検になるのですが、周期としては1年に1回です。

この法定点検を受けているものには[定期検査報告済証]が貼られています。

点検する内容はマンションやビルなどの建物によって異なりますが、主に昇降に問題がないか、扉の開閉に問題がないか、といったところです。

以前起きた事故では、ワイヤーロープ部破断・破損による火事などがあるので、その箇所は特に入念に点検を行う必要があると言えます。

エレベーターの定期点検

上記に述べた法定点検とは別に、エレベーターを安全に利用するために、業者によって定期点検を行っています。

この定期点検は、マンションやビルなど、各建物によってその周期は異なっています。

例えば、1ヶ月に2回,毎月1回,2ヶ月に1回などで、周期が決められているというわけではありません。

その理由は、点検回数はエレベーターを設置した業者によって定めているからです。

近年では法定点検以外の定期点検に力を入れている業者も増えてきています。

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

会社名
生和コーポレーション株式会社
所在地

西日本本社
大阪府大阪市福島区福島5丁目8番1号

東日本本社
東京都千代田区神田淡路町1丁目3番

会社設立
1971年(昭和46年)4月16日
お問い合わせ・ご連絡先
0120-800-312

他の建物管理の設備保守点検についてを見る

  • マンションで使用するのに適した排水管の種類
    マンションで使われている排水管にはいくつか種類があり、それぞれ建築された年代や施工主の意向によって使われている種類が異なります。 この記事の目次1 旧型の排水管2 排水鋳鉄管3 マンションで最も多く使…
  • マンションの排水管の点検・清掃に適した頻度
    マンション住まいの方、キッチンやお風呂お排水管の点検や清掃はどのくらいの頻度で行っているでしょうか。 そこで生活をしている限りキッチンやお風呂はほぼ毎日使用するため、排水管の汚れもたまりやすくなってい…
  • マンションの排水管の臭い・つまり対策
    マンションにお住まいの方、キッチン、お風呂の水回りの排水管から漂ってくる臭いやつまりが気になったことはありませんか。 排水管をきれいに掃除しているつもりでも、なかなか臭いやつまりが消えず悩まれている方…

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋50年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】50年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312