消防設備の特例基準と特例申請の方法とは

消防設備の特例基準と特例申請の方法とは

消防設備の特例基準と特例申請の方法とは

消防設備というのは、我々が安全に生活するうえで非常に重要なものです。

ですからアパートやマンションに住んでいても、そうした事に関してしっかりと認識を示すこと必要なのです。

しかし、この消防設備に関しては「特例基準」というものが存在します。

ここで改めて取り上げてみることにしましょう。

消防設備の特例とは

この特例は正式には、「共同住宅等に係る消防用設備等の技術上の基準の特例」ということができます。

昭和50年頃から適用されているのです。

簡単に説明すると、共同住宅というのは多数の人が生活するものの、基本的には個人住宅の集まりだという考えに根付いています。

つまり必要以上に消防設備を設置すると、オーナーや居住者に過度の負担を負わせることがあるということです。

ですから一定基準をクリアしている場合には、こうした共同住宅に特例を認めるというものなのです。

その基準となるのは何か

ではどのような場合に特例が認められるのでしょうか。

以下で基準の一部を見ていきたいと思います。

まずスプリンクラーの設置基準に関してです。

建物の階数が11階以上の階の住戸、管理室、共用室についてはスプリンクラーを設置しなければいけませんが、壁や天井等の仕上げに不燃材料、もしくは準不燃材料が使われていて、隣接している部屋などに防火措置がとられていれば、設置を免除する事ができます。

また、火災報知設備は基本全館設置しなければいけないのですが、共同住宅用スプリンクラーを設置している部屋については設置しなくて良いことになっています。

その他建物の構造にも色んな基準があります。

例えば耐火構造で区画されていること、主要入口だけではなくバルコニーからも避難できることなどです。

さらに仕上げに不燃材料を使っているかもチェックされています。

簡単に言うならば、燃えにくく、さらに逃げやすい構造になっているのであれば、基準が緩くなるということなのです。

ここではあくまでも一部を紹介しましたが、その他にも設置が免除されるものがあるので、よく調べることをおすすめします。

申請とプロセス

この申請ですが、具体的にどのように行うことができるのでしょうか。

新しくアパートやマンションを建てたとしても、実は自動的にこれが適用されるわけではありません。

最寄りの消防署、もしくは財団法人である「日本消防設備安全センター」などに申請をする必要があるのです。

皆さんが一般的な入居者であればこうしたことを行う必要はありません。

管理組合やオーナーに任せることができるでしょう。

このような申請フォームというのは、ネットからも簡単にダウンロードできるようになっています。

ぜひ参考にしてみてください。

よくあるご質問

土地活用・不動産経営は初心者なのですが、どのように相談をおこなえばよいでしょうか?
弊社HPの電話もしくはお問い合わせフォーム・資料請求フォームから、お気軽にお問い合わせください。ご要望に応じて、オンライン面談・電話・メール等での対応が可能です。
生和コーポレーションの土地活用・不動産経営には、どのような特徴があるのですか?
4大都市圏での営業に特化し、土地活用一筋50年を超えております。マンション・アパートの累計着工戸数は100,000戸を超え、都市部に強い生和だからこそ、サブリース・一括借上げの入居率98%台を実現しています。
お問い合わせ後の流れはどのようになっているのですか?
お問い合わせ頂いた電話番号もしくはメールアドレスに担当がご連絡致します。
お客様のご相談内容に応じて、経験・知識が豊富な担当が対応致します。
その他のよくある質問

土地活用一筋50年。累計着工戸数100,000戸超の実績。
冊子・DVDをプレゼント

【無料】資料をもらう

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

会社名
生和コーポレーション株式会社
所在地

西日本本社
大阪府大阪市福島区福島5丁目8番1号

東日本本社
東京都千代田区神田淡路町1丁目3番

会社設立
1971年(昭和46年)4月16日
お問い合わせ・ご連絡先
0120-800-312

他の建物管理の設備保守点検についてを見る

  • マンションにおける非常照明の設置基準とは
    マンションには多くの方が住んでいますので、その安全性というのはオーナーにとって非常に重要な問題となります。 入居者もそうした安全性に関する配慮というものを、最近ではしっかりと考えて物件を選ぶようになっ…
  • マンションの非常階段に求められる防犯性【鍵・照明】
    きっと皆さんがマンションを選ぶときには、その「防犯性」というものも非常に重要な判断材料になるのではないでしょうか。 もちろん防犯というのは奥が深いものですので、色々なポイントがあるのですが、ここではマ…
  • ビルや建物管理に必要な法定点検の重要性
    皆さんは「法定点検」という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか。 これはそこで活動する人や、財産、また近隣にも大きな影響を与える重要な点検となっています。 もちろん、ほとんどの建物でしっかりと行わ…
  • 消防設備の「総合点検」と「機器点検」の違いとは
    きっと皆さんのお宅にも「消防点検のお知らせ」というものが届いたことがあるのではないでしょうか。 そんな時に気になるのが、時に「機器点検」、またある時には「総合点検」と書かれていることです。 この二つに…
  • 給水設備の方式の種類と比較
    私たちの生活に「水」というのは、必要不可欠なものです。 日本では蛇口をひねれば水が出るという状況が当たり前なのですが、ここではその給水設備に関して一緒に考えてみることにしましょう(ここでは東京都を例と…

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋50年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】50年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312