少額投資で土地活用!コインパーキングを始めるには?

少額投資で土地活用!コインパーキングを始めるには?

少額投資で土地活用!コインパーキングを始めるには?

初期投資が少なく、リスクの少ない土地活用を検討しているなら、 その土地を利用してコインパーキングを始めてみてはいかがでしょうか。コインパーキングはアパート経営などに比べてリスクの低い土地活用の方法だといわれています。土地活用としてのコインパーキングの魅力は、何といっても初期の資金 を低く抑えられる 点です。少額投資で土地を有効利用できるため、とりあえず土地活用をしたい 人におすすめの方法です。ただ、コインパーキングの魅力はローリスクという点だけではありません。ここでは、コインパーキングを始めるにあたってのメリットや注意点についてご紹介します。

コインパーキングとはどういうもの?土地活用のメリットとは?

土地活用の方法といってもさまざまです。アパートやマンションの経営、駐車場経営などがあります。駐車場には大きく2種類あり、月極駐車場とコインパーキングです。月極駐車場は、月単位で貸し借りが行われる駐車場のことをいいます。これに対して、コインパーキングというのは、駐車場を借りたその場で 決済が行われるものを指します。
月極駐車場とコインパーキングの 違いは、月単位で貸し出すか時間単位で貸し出すかという点にあります。月単位で貸し出すことになる月極駐車場は、募集をかけて駐車場を利用する人を探す必要がありますが、コインパーキングの場合は時間単位で貸し出しが行われるため、そもそも募集というプロセスを必要としません。コインパーキング業者に土地を貸し出して、代わりに駐車場経営をやってもらえば、初期投資から運営、管理まで自分では何もしなくて良いので、楽に土地活用できることでしょう 。業者に土地を貸し出してしまうため、稼働率にかかわらず安定した収入が得られる点もメリットの一つといえるでしょう。

コインパーキングで成功するための条件は?

コインパーキングは初期投資が低く、運営や管理にほとんど手間がかからないため、空いている土地の活用を考えている人にはうってつけの方法といえます。しかし、コインパーキングで成功するためには、立地などの条件も深く関係してきます。ローリスクな活用方法とはいえ、立地条件などによっては利益がほとんど得られないということも可能性としては考えられます。それでは、コインパーキングで成功するには、どのような条件が必要になってくるのでしょうか。
まず、成功するコインパーキングの立地条件としては、利便性が良い ことがあげられます。駅から近いとか、交通の便が良いなど、利便性の良い立地条件 であれば、コインパーキングとして成功する可能性も高くなります。また、駐車場が慢性的に不足しているエリアなども、コインパーキングに適した立地条件だといえるでしょう。
それから、車を停めやすいかどうかも欠かせない条件の一つです。高齢ドライバーや女性ドライバーは、車を停めにくい駐車場を敬遠しがちです。狭くても車が安全に移動できる動線が確保されていること、駐車場と面している道路の幅が広いことなども車の停めやすさに関わってきます。コインパーキングが成功するかどうかは、こうした細かい条件に大きく関わってくるので、所有している土地の条件についてしっかりと確認しておいてください。

狭小土地の有効活用に最適

自分が持っている土地が狭くて、活用の方法に悩んでいるという人もいるでしょう。コインパーキングには広めの土地が必要だと思われがちですが、実は狭小土地の有効活用にもコインパーキングは最適な方法の一つです。そもそも、狭い土地は活用そのものが難しく、つい持て余してしまいがちです。コインパーキングは車両を停められるスペースが数台ほどあれば十分に活用することができます。ただ空き地として放置するぐらいなら、手間も費用もほとんどかからないコインパーキングとして活用してみましょう。
また、狭小土地だけでなく、土地の形状が特殊な場合でも十分にコインパーキングとして活用が可能です。土地に起伏などがあって、駐車場として適さない場合も、業者に依頼して造成工事をしてもらえれば、問題なくコインパーキングとして活用ができます。使い道のない狭い土地などを所有しているなら、まずはコインパーキングとして活用してみることを考えてみましょう。

コインパーキングのデメリットはどのようなところ?

コインパーキングはリスクが低く、また手間もかからない土地活用の方法ですが、いくつかデメリットもあるので注意しておいてください。たとえば、土地の運用効率 は高くないという点です。基本的に土地の運用は、アパート経営のように建物などの建物の階を高くすること で利益を上げます。3階建ての建物よりも10階建ての建物の方が多くの入居者を見込めるため、収益の効率は良くなるでしょう。一方、コインパーキングで利用できる土地は1階部分の土地面積しかない ため、アパート経営などに比べると運用効率が低いというわけです。
それから、コインパーキングは節税効率もあまり良くありません。アパート経営とは違って、建物のないコインパーキングは固定資産税を軽減することができないのです。
そのほか、事故やトラブルに巻き込まれることがある点もデメリットの一つでしょう。たとえば、コインパーキングの車止めが壊れて、駐車していた車に損害を与えてしまった場合、駐車場のオーナーに 責任が生じるためトラブルが生じやすいです。もちろん、こうしたトラブルは駐車場の管理をしっかり行っておくことで事前に防ぐこともできるでしょう。ただ、簡単に始められるコインパーキングの運営にも、こうしたさまざまなデメリットが伴うということをぜひ知っておいてください。

土地を持て余しているならコインパーキングを始めよう

コインパーキングは 、収益性は必ずしも高くありませんが、家屋が建っていないなど持て余している土地 があれば、コインパーキングとして活用する意義は大きいといえます。これから先、人口は確実に減少していくと考えられています。そのため、需要のある土地であっても、将来にわたって収益を楽観視することはできないかもしれません。しかし、コインパーキングはさまざまな転用 の可能性を秘めた土地活用の方法でもあります。将来的に売却したいと考えたときでも、コインパーキングであればすぐに売却することも可能でしょう。契約期間が設定しやすいため、土地としての転用性や流動性が高く、将来の運用が不透明な場合でも迅速に対応できるのがコインパーキングの良いところです。ただ、土地の活用にはやはり専門家の意見に耳を傾けることが大切です。どのような土地活用をするにしても、まずはその道の専門家に意見を伺ってみることから始めてみると良いでしょう。

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

会社名
生和コーポレーション株式会社
所在地

西日本本社
大阪府大阪市福島区福島5丁目8番1号

東日本本社
東京都千代田区神田淡路町1丁目3番

会社設立
1971年(昭和46年)4月16日
お問い合わせ・ご連絡先
0120-800-312

他の土地活用の基礎情報を見る

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋50年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】50年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312