4階建て・5階建ての賃貸併用住宅の活用方法

4階建て・5階建ての賃貸併用住宅の活用方法

都心部では、狭小な土地を利用して、4階建て・5階建ての「中層住宅」と呼ばれる賃貸併用住宅を運用する方法が一般的であると言われています。

このような4階建て・5階建ての賃貸併用住宅は、どのように活用するのが良いのでしょうか?

入居者を得るのに役立つおすすめの構造や、どういった経営方針の方に向いているのか、などについてご紹介します。

自由度の高さが特徴

4階建て・5階建ての賃貸併用住宅は、一戸建てとしても、マンション形式やビルタイプとしても、活用することができます。

例えば一戸建ての場合、1階部分を駐車場に、2階部分を賃貸スペースに、そして3階・4階部分を居住スペースとして使用すれば、居住スペースの割合も大きく、住宅ローンでも賃貸併用住宅を建てることができます。

5階建ての場合、住宅ローンを利用しての賃貸併用住宅は難しくなりますが、3階建ての自宅住居と5階建ての賃貸マンションを組み合わせる。1階部分を店舗スペースにし、中間階を賃貸住宅に、最上階を自宅にする。などすれば、家賃収入が多めの賃貸併用住宅を実現させることができます。

4階建て・5階建ての賃貸併用住宅は、自由度が高く、構造や経営方針の選択肢も幅広いのが特徴であるといえるでしょう。

賃貸スペースが広く安定した家賃収入

4階建て以上になると、安全性のために、鉄筋コンクリートで建てることが多くなります。

費用はかさみますが、安全性の高い建物は、入居者にも好印象ですし、自ら暮らす家としても安心です。

狭小な土地に建てる4階建て・5階建ての賃貸併用住宅は、2階建て・3階建てと比較すると、床面積に余裕があり、十分な居住スペースを確保しつつ、賃貸併用を実現することができます。

このメリットを利用して、賃貸スペースを多めに取り、安定した家賃収入を得られるようにするのも良いでしょう。

最近では、建築技術の進化によって、4階建ての木造住宅も建てることができるようになっていますので、コストを安くしたい方は、木造の住宅を考えてみるのも良いかもしれません。

経営面に力を入れるなら都心部に

4階建て・5階建ての賃貸併用住宅を考えている方で、経営面に力を入れたい方は、都心部に建てるのがおすすめです。

ビジネスマンが多いため、一つ一つの部屋が小さくても、ニーズに合っており、家賃相場が相応であれば、入居者に困ることもありません。

賃貸併用住宅にする理由としては、居住用の住宅を建て、そのローンを返済するために、一部を賃貸スペースにするという目的もありますが、もともと経営に力を入れ、収益を得ることに興味のある方は、都心部に建てられ、かつ部屋数を多く取ることができる4階建て・5階建ての賃貸併用住宅にすると良いでしょう。


現在、4階建て・5階建ての中層住宅の建設戸数は、増加傾向にあります。

広い土地では需要の低い中層住宅ですが、狭小な土地の多い都心部ではかなり一般的なものとして浸透してきています。

工法によっては、柱を少なく、居住スペースも広く感じさせるものにすることができますし、そのエリアのニーズに合わせた間取りの賃貸スペースを構成することもできますので、よく計画した上で、上手に活用していきましょう。

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

会社名
生和コーポレーション株式会社
所在地

西日本本社
大阪府大阪市福島区福島5丁目8番1号

東日本本社
東京都千代田区神田淡路町1丁目3番

会社設立
1971年(昭和46年)4月16日
お問い合わせ・ご連絡先
0120-800-312

他の賃貸併用住宅の種類と特徴を見る

  • 一戸建ての賃貸併用住宅の特徴とは
    一戸建ての賃貸併用住宅は、一軒家にオーナー様の居住部分と賃貸部分が併設している建物と考えるとわかりやすいでしょう。例えば、3階建ての一戸建て賃貸併用住宅の場合、1階と2階部分を賃貸用に、3階部分をオー…
  • 賃貸併用住宅の種類 (アパート・マンション・一戸建て)
    マイホームの要素を持ちながら、賃貸スペースから家賃収入も得られるのが賃貸併用住宅です。賃貸併用住宅と言っても、建物の構造には様々な種類があります。以下では代表的な、アパート・マンション・一戸建てタイプ…
  • 賃貸併用住宅の中古と新築のメリット・デメリット
    賃貸併用住宅は、一般住宅と比較して自宅スペースと独立した賃貸スペースを併設する必要があり、建築コストは高くなる傾向があります。しかしながら、中古の賃貸併用住宅であれば新築の賃貸併用住宅と比較して取得コ…
  • 2階建て・3階建ての賃貸併用住宅の活用方法
    2階建て・3階建ての賃貸併用住宅は、もっともスタンダードなスタイルと考えられていますが、このような賃貸併用住宅の活用方法とはどんなものなのでしょうか。 間取りの取り方や、ローンの利用の仕方など、2階建…
  • 最近流行りのシェアハウスの賃貸併用住宅
    新しい形の賃貸併用住宅として最近注目されているのが、シェアハウスの賃貸併用住宅です。 シェアハウスの賃貸併用住宅とは、キッチンやトイレやお風呂、リビングなどの設備が共有となっており、その他は個別の部屋…
  • マンション・アパート・ビルの賃貸併用住宅の特徴
    用途も種類も様々な賃貸併用住宅ですが、一戸建てタイプの他に「マンションタイプ」「アパートタイプ」「ビルタイプ」のものなどがあります。 それぞれに違った特徴があり、用途も異なってきますので、まずはそれぞ…

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋50年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】50年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312