賃貸併用住宅の種類と特徴

賃貸併用住宅とは、オーナーの居住スペースと、賃貸スペースの両方を備えた住宅のことをいいます。
住宅を建てるのにかかった費用を、家賃収入で返済したり、その後の収入に繋げたりすることができるため、住宅を建てる際に「賃貸併用住宅」にしようかどうか、考える方も少なくないことでしょう。
この賃貸併用住宅には、様々なパターンのものがあり、どの建て方が良いかということを一概にいうことはできません。
また、建物の構造によって、居住スペースの割合も異なり、これによってローンの種類も変わってきます。
初めて賃貸併用住宅を購入することを考える場合、全く知識のない状態から始めるのは不安なものです。
ある程度の指標として、賃貸併用住宅にどのような種類があり、それぞれにどのような特徴があるのか、おさえておきたいところですね。
そこで、賃貸併用住宅にはどのような種類のものがあるのか、いくつかのパターンに分けてご紹介し、その特徴についてご説明します。

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋50年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】最長35年 一括借上げシステム オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】50年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312