2階建て・3階建ての賃貸併用住宅の活用方法

2階建て・3階建ての賃貸併用住宅の活用方法

2階建て・3階建ての賃貸併用住宅の活用方法

2階建て・3階建ての賃貸併用住宅は、もっともスタンダードなスタイルと考えられていますが、このような賃貸併用住宅の活用方法とはどんなものなのでしょうか。

間取りの取り方や、ローンの利用の仕方など、2階建て・3階建ての賃貸併用住宅の運営を成功させるポイントをご紹介します。

建物の半分以上を居住スペースに

2階建て・3階建ての賃貸併用住宅の場合は、アパートタイプか、一戸建てタイプになりますが、一戸建て住宅の半分以上をオーナーの居住スペースにして、その他を賃貸スペースとするスタイルが一般的です。

これには事情があり、アパートなどの建築費をローンで支払うとなると「アパートローン」と呼ばれる投資向けのローンを組む必要があり、その審査が住宅ローンと比較すると審査も厳しく、金利も高い傾向にあるためです。

一戸建ての賃貸併用住宅にすれば、自分お居住スペースの割合を51%以上という条件を満たすだけで、より金利の低い「住宅ローン」を利用することができます。

これで、賃貸スペースに入居者が途切れることなく入ってくれれば、月々の住宅ローンの返済にも余裕が出ますし、ローンが終わったあとも、収入を得ることができます。

魅力的な住宅づくりを意識する

せっかく賃貸併用住宅を手に入れたとしても、入居者が見つからないのでは、家賃収入は得られません。

ローンの編成計画にも大きな支障が出ることでしょう。

こういったリスクを避けるためには、計画の段階から、立地や、周辺地域にどのような人々が住んでいるのかなどを調査し、家賃の設定も、周辺の賃貸物件の相場に合わせたものにしましょう。

もちろんそれと同じくらい大切なことは、賃貸物件として魅力的な建物であることです。

調査の結果をもとに、どのような入居者が入るのかを想定して、ニーズのたかそうな間取りや内装にすることをおすすめします。

トラブルが起こりやすいことを念頭に

一戸建ての賃貸併用住宅では、入居者とのトラブルが起こる可能性を常に念頭に入れておく必要がります。

例えば、オーナーの居住スペースと賃貸スペースを上下に分割する場合は、床や天井から生活音がしてしまいますし、左右に分割する場合にも、壁から生活音がしてしまいます。

特に多い「音」に関するトラブルを防ぐために、防音材や断熱材を使用して、十分な防音対策を施しておくことも大切です。

防音には、日々の動線だけでなく、音の出やすい水回りや、配管をどこに設置するかを十分に検討して間取りを計画することも大切になります。


2階建て・3階建ての賃貸併用住宅をつくるときには、トラブルが起こりにくく、魅力的な建物にするために、不動産会社やコンサルタント、建築家に相談するなどすることが非常に大切になります。

特に一戸建て住宅の場合には、将来の用途の変更にも対応できる、柔軟性のある間取りや構造にしておくと良いでしょう。

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

会社名
生和コーポレーション株式会社
所在地

西日本本社
大阪府大阪市福島区福島5丁目8番1号

東日本本社
東京都千代田区神田淡路町1丁目3番

会社設立
1971年(昭和46年)4月16日
お問い合わせ・ご連絡先
0120-800-312

他の賃貸併用住宅の種類と特徴を見る

  • 賃貸併用住宅の種類 (アパート・マンション・一戸建て)
    マイホームの要素を持ちながら、賃貸スペースから家賃収入も得られるのが賃貸併用住宅です。賃貸併用住宅と言っても、建物の構造には様々な種類があります。以下では代表的な、アパート・マンション・一戸建てタイプ…
  • 賃貸併用住宅の中古と新築のメリット・デメリット
    賃貸併用住宅は、一般住宅と比較して自宅スペースと独立した賃貸スペースを併設する必要があり、建築コストは高くなる傾向があります。しかしながら、中古の賃貸併用住宅であれば新築の賃貸併用住宅と比較して取得コ…
  • 4階建て・5階建ての賃貸併用住宅の活用方法
    都心部では、狭小な土地を利用して、4階建て・5階建ての「中層住宅」と呼ばれる賃貸併用住宅を運用する方法が一般的であると言われています。 このような4階建て・5階建ての賃貸併用住宅は、どのように活用する…
  • 最近流行りのシェアハウスの賃貸併用住宅
    新しい形の賃貸併用住宅として最近注目されているのが、シェアハウスの賃貸併用住宅です。 シェアハウスの賃貸併用住宅とは、キッチンやトイレやお風呂、リビングなどの設備が共有となっており、その他は個別の部屋…
  • マンション・アパート・ビルの賃貸併用住宅の特徴
    用途も種類も様々な賃貸併用住宅ですが、一戸建てタイプの他に「マンションタイプ」「アパートタイプ」「ビルタイプ」のものなどがあります。 それぞれに違った特徴があり、用途も異なってきますので、まずはそれぞ…
  • 賃貸併用住宅のデザインと間取り
    賃貸併用住宅を建てる際には、通常の一戸建てとは全く異なる考え方をしなければなりません。 オーナーの趣味や趣向を反映させるだけでなく、入居者に選ばれるようなデザインや間取りを取り入れ、建物に価値を出さな…

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋50年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】50年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312