賃貸併用住宅のデザインと間取り

賃貸併用住宅のデザインと間取り

賃貸併用住宅のデザインと間取り

賃貸併用住宅を建てる際には、通常の一戸建てとは全く異なる考え方をしなければなりません。

オーナーの趣味や趣向を反映させるだけでなく、入居者に選ばれるようなデザインや間取りを取り入れ、建物に価値を出さなければならないためです。

入居者を得られるデザイン・間取りにするために、押さえておきたいポイントがいくつかありますので、ご紹介します。

目的から間取りやデザインを

賃貸併用住宅を建てる際には、賃貸スペースを「あくまでもローンの負担を軽減させるためのもの」として考えるのか「事業として利益を上げるためのもの」として考えるのか、など、計画を立てるにあたって、方向性をはっきりとさせる必要があります。

これによって、入居者に与えるべきイメージも変わってきます。

一戸建てタイプの場合には、プライバシーの問題が少なからず生じますので、アプローチを分離する、メゾネットタイプにする、など、賃貸部分と居住スペースとの接点が少ない間取りやデザインを取り入れることが大切になってきます。

また、賃貸併用住宅として建てる場合には、戸建て住宅とは別の建築上の制限が生じることにも注意しなければなりません。

2方向の避難経路を確保することや、敷地内に空地を設けたりすることが条件になりますので、ただ「住みやすい住宅を建てる」ということだけが目的なのであれば、こういった目的は若干損なわれる可能性があるかもしれません。

エリアのニーズを調査する

賃貸併用住宅を建てるエリアに、賃貸のニーズがあるかどうかもリサーチしておきましょう。

またどのようなニーズがあるのかによって、賃貸スペースの間取りや建物のデザインも異なってきますので、この点にも注意が必要です。

ターゲットは単身者か、ファミリー層か、など、エリアの特性や需要を把握した上で間取りやデザインを考えて行きましょう。

入居者の目はシビアですので、すでに存在している他の物件よりも優れている点を、建物に備えておく必要があります。

そのためにも、賃貸物件の動向や、入居率の悪い物件、良い物件の違いなどを把握しておくことも大切です。

地域密着型の不動産賃貸業社からアドバイスを受けると、エリアのニーズに合った間取りやデザインを決めるための、良い情報が得られるでしょう。

建築会社の選定

間取りやデザインに大きく関わるのが「建築会社の選定」です。

建物のデザイン・構造・間取りの自由度、コスト、仕様のグレードなどは、建築会社によって異なります。

賃貸併用住宅を建てる目的に最も敵う建築会社はどこなのか、なるべく多くの資料を集め、比較検討してみましょう。

具体的には、「全体のデザインがエリアのニーズや雰囲気に合ったものであるか」「賃貸スペースと居住スペースの間取りプランが用途に合ったものであるか」「計画に沿ったデザインや間取りを取り入れることが可能な自由度を備えているかどうか」などに着目して選定することをおすすめします。


デザインや間取りは、オーナーの住み心地だけでなく、入居者が入居を決めてくれるかどうかを左右する重要なポイントです。

目的を明確にし、エリアのニーズに合わせ、かつ自らも住み心地の良い賃貸併用住宅を建てられるよう、予算内で実現可能な間取りやデザインを提案してくれる建築会社を探してみましょう。

よくあるご質問

土地活用・不動産経営は初心者なのですが、どのように相談をおこなえばよいでしょうか?
弊社HPの電話もしくはお問い合わせフォーム・資料請求フォームから、お気軽にお問い合わせください。ご要望に応じて、オンライン面談・電話・メール等での対応が可能です。
生和コーポレーションの土地活用・不動産経営には、どのような特徴があるのですか?
4大都市圏での営業に特化し、土地活用一筋50年を超えております。マンション・アパートの累計着工戸数は100,000戸を超え、都市部に強い生和だからこそ、サブリース・一括借上げの入居率98%台を実現しています。
お問い合わせ後の流れはどのようになっているのですか?
お問い合わせ頂いた電話番号もしくはメールアドレスに担当がご連絡致します。
お客様のご相談内容に応じて、経験・知識が豊富な担当が対応致します。
その他のよくある質問

土地活用一筋50年。累計着工戸数100,000戸超の実績。
冊子・DVDをプレゼント

【無料】資料をもらう

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

会社名
生和コーポレーション株式会社
所在地

西日本本社
大阪府大阪市福島区福島5丁目8番1号

東日本本社
東京都千代田区神田淡路町1丁目3番

会社設立
1971年(昭和46年)4月16日
お問い合わせ・ご連絡先
0120-800-312

他の賃貸併用住宅の種類と特徴を見る

  • 2階建て・3階建ての賃貸併用住宅の活用方法
    2階建て・3階建ての賃貸併用住宅は、もっともスタンダードなスタイルと考えられていますが、このような賃貸併用住宅の活用方法とはどんなものなのでしょうか。 間取りの取り方や、ローンの利用の仕方など、2階建…
  • 最近流行りのシェアハウスの賃貸併用住宅
    新しい形の賃貸併用住宅として最近注目されているのが、シェアハウスの賃貸併用住宅です。 シェアハウスの賃貸併用住宅とは、キッチンやトイレやお風呂、リビングなどの設備が共有となっており、その他は個別の部屋…
  • マンション・アパート・ビルの賃貸併用住宅の特徴
    用途も種類も様々な賃貸併用住宅ですが、一戸建てタイプの他に「マンションタイプ」「アパートタイプ」「ビルタイプ」のものなどがあります。 それぞれに違った特徴があり、用途も異なってきますので、まずはそれぞ…
  • 一戸建ての賃貸併用住宅の特徴
    自宅の一部を賃貸住宅にする一戸建ての賃貸併用住宅は、住宅ローンの負担を軽減させることにもつながりますし、節税対策や、自己年金などにも役立つため、多くの人々に注目されています。 一戸建ての賃貸併用住宅に…
  • 賃貸併用住宅の種類
    賃貸併用住宅は、オーナーの居住スペースを備えた賃貸マンションや賃貸アパートのことをいいますが、それには、様々な間取りや構造のものがあります。 用途や土地のニーズに合わせて、どのような種類の賃貸併用住宅…
  • 賃貸併用住宅の中古と新築の違い
    賃貸併用住宅とは、賃貸に使用する建物に、自分の居住スペースを確保したものですが、一般的に通常の戸建てよりも割高で、アパートよりも利回りが低いという特徴があります。 賃貸併用住宅の運営を考えた場合、新築…

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋50年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】50年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312