賃貸併用住宅とは ~経営のための基礎知識~

賃貸併用住宅とは ~経営のための基礎知識~

賃貸併用住宅とは ~経営のための基礎知識~

不動産経営のひとつである賃貸併用住宅は、ひとつの建物に自宅の居住スペースと賃貸用のスペースがある物件のことを言います。特徴としては、家賃収入が得られる、条件次第で住宅ローンを組むことができるという点などがあげられます。
ここでは、賃貸併用住宅の特徴について、具体的に紹介していきます。

家賃収入が得られる魅力

賃貸併用住宅は、自宅部分と賃貸部分が共存しているため、人に貸し出すことで家賃収入を得ることができるのが最も大きな魅力です。賃貸併用住宅の場合は、賃貸によって得られる家賃収入をローンの返済に充てられるため、支払いの負担を軽減でき、ローンの支払い期間を短縮することも可能です。
また、賃貸併用住宅は、自宅部分の面積が総面積の51%を超えていると低金利の住宅ローンを利用することが可能である点も魅力としてあげられます。

賃貸併用住宅ならではのメリットとデメリット

賃貸併用住宅の構造上、オーナー様と賃借者様の居住スペースが隣接していることが特徴としてあげられます。そのため日々のコミュニケーションが取りやすい点がメリットともデメリットともなり得ます。
居住スペースの隣接がデメリットとしてあげられるのは、オーナー様と居住者様それぞれの生活リズムがあり、ライフスタイルの価値観もさまざまであることから、これらを起因として騒音などのトラブルに発展することが考えられるためです。
しかしながら、オーナー様が近くに住んでいることから居住者様の利用マナーの意識を高める効果が期待でき、メリットにつながる場合もあります。また、居住者様側の立場で考えると、上京したばかりで土地勘がない人、ひとり暮らしをしている女性は、近くにオーナー様が住んでいることが安心感に繋がることに魅力を感じる人もいるでしょう。

賃貸併用住宅の建築コストと賃貸運用管理

自宅の一部を賃貸住宅スペースとする賃貸併用住宅の建築コストは、一般的な戸建てマイホームを建築する場合より建築コストが高くなる傾向にあります。これは、単純に賃貸用のスペースを建築するためだけではなく、台所やトイレ、玄関といった設備を各々の住居に作る必要があるからです。
建物の構造や仕様により、建築費は大きく変動するため、コストの比較は一概には言えませんが、得たい家賃収入とそのための間取り、戸数から、どれくらいの規模の賃貸併用住宅にする必要があるのかを、収支計画表を作ってシミュレーションしてみる必要があります。実際の建築費用は建築・建設会社に相談しながら、目的を定めて決定するとよいでしょう。賃貸併用住宅を建築する目的が、土地の評価額を下げるための節税対策なのか、自宅を建築する際のローン返済を家賃収入で補いたいのか、将来の資産形成のためなのか、得たい収入をベースに検討することをおすすめします。

また、賃貸併用住宅は不動産経営を本業としていないサラリーマンも賃貸経営に携わることができます。安定した給与所得があるサラリーマンは条件次第で住宅ローンを利用しやすく、自己資金の少ない方でもはじめやすい不動産賃貸事業と言えます。ただし、会社に勤務しながらでは、賃貸スペースの管理が行き届かないケースも想定されます。その場合は、運用管理業務を不動産管理会社へ委託してみてはいかがでしょうか?日々の清掃をはじめ建物の管理をしっかりすることで、空室リスクを低減し、家賃の下落リスクにも対応することが可能です。


人生において、節目節目のさまざまなライフイベントを通して家族構成も変わっていきます。このような観点からも、居住者との関わり方やどのような形態で賃貸併用住宅を運営していったら良いのかなど十分に検討することが大切です。
賃貸併用住宅を経営する目的を明確にし、収支計画をしっかり立てることが重要なポイントになります。将来の資産価値や活用方法など、自分のライフスタイルに合った賃貸併用住宅の経営を心掛けましょう。

関連するタグはこちら

よくあるご質問

土地活用・不動産経営は初心者なのですが、どのように相談をおこなえばよいでしょうか?
弊社HPの電話もしくはお問い合わせフォーム・資料請求フォームから、お気軽にお問い合わせください。ご要望に応じて、オンライン面談・電話・メール等での対応が可能です。
生和コーポレーションの土地活用・不動産経営には、どのような特徴があるのですか?
4大都市圏での営業に特化し、土地活用一筋50年を超えております。マンション・アパートの累計着工戸数は100,000戸を超え、都市部に強い生和だからこそ、サブリース・一括借上げの入居率98%台を実現しています。
お問い合わせ後の流れはどのようになっているのですか?
お問い合わせ頂いた電話番号もしくはメールアドレスに担当がご連絡致します。
お客様のご相談内容に応じて、経験・知識が豊富な担当が対応致します。
その他のよくある質問

土地活用一筋50年。累計着工戸数100,000戸超の実績。
冊子・DVDをプレゼント

【無料】資料をもらう

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

会社名
生和コーポレーション株式会社
所在地

西日本本社
大阪府大阪市福島区福島5丁目8番1号

東日本本社
東京都千代田区神田淡路町1丁目3番

会社設立
1971年(昭和46年)4月16日
お問い合わせ・ご連絡先
0120-800-312

他の初めての賃貸併用住宅を見る

  • 賃貸併用住宅経営を成功させるために(失敗しないために)
    賃貸併用住宅経営を成功させるために、どのような点に注力すべきかみていきましょう。また賃貸併用住宅の経営を始めるにあたり、経営する目的を確認し、市場調査の必要性や事業計画の策定、不動産会社の選択などが重…
  • 賃貸併用住宅の運用で考えられるトラブルとは
    賃貸併用住宅を保有するからには、誰もが賃貸経営を成功したいと思うのは当然のことでしょう。トラブルは起こらないに越したことはありませんが、なかなかそうもいかないのが現実です。賃貸併用住宅の運用で想定され…
  • 賃貸併用住宅を経営するメリットとデメリット
    賃貸併用住宅とは、オーナー様の自宅スペースと賃貸スペースが共存している建物のことを言います。ここでは賃貸併用住宅を経営するオーナー様にとって、どのようなメリットとデメリットがあるのかをそれぞれ解説しま…
  • 賃貸併用住宅に必要な頭金の相場とは
    家を建てるときに気になるのは、やはりお金の問題ではないでしょうか? ローンが借りられるとしても、頭金はいくら用意すれば良いのでしょうか?相場はどのくらい? みんな、どのように用意しているの?頭金がない…
  • 賃貸併用住宅ローンの減税方法
    賃貸併用住宅でも、住宅ローンを利用した場合には、住宅ローン控除を受けられることがあります。 正式には、「住宅借入金等特別控除」と言うもので、住宅ローンを利用してマイホームを新築したり、取得したり、増改…
  • 自己資金0円でも賃貸併用住宅を買うことはできるのか
    賃貸併用住宅なら、マイホームを手に入れることができるだけでなく、家賃収入も得られてお得です。 そのようなお得な賃貸併用住宅ですが、自己資金が無いから、手に入れることは無理ではないかとあきらめている方も…

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋50年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】50年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312