狭小地での賃貸併用住宅

狭小地での賃貸併用住宅

賃貸併用住宅の経営を始める際、どのような土地に建築するのかは重要なポイントになります。人気のエリアは地価も高いことから、建築できる土地が狭くなる可能性があります。賃貸併用住宅を狭小地で運営するためには、どのような点に注意したら良いのでしょうか。

土地の建築条件を知る

土地によって、容積率や建ぺい率が異なる上、建築できる高さにも制限があります。具体的な高さ制限は建築基準法第56条により規定され、道路斜線制限、隣地斜線制限、北側斜線制限、絶対高さ制限、日影規制の5種類があり、このうち最も厳しいものに準じることになっています。また、土地には地域によって用途が決められていることから、オーナー様がその土地にどのような建物を建築できるのかを事前に知る必要があります。
近年、建築技術の進歩や建築材料の品質向上によって、狭小地であっても賃貸併用住宅が建築できるケースが増えています。建築制限は市区町村等で調べることができるため、建築を依頼する業者に建築計画の段階でしっかりと確認しておきましょう。

住居部分と賃貸部分をどの階にするか

狭小地である場合、各階につき1世帯分のスペースしか取れない場合も想定され、オーナー様の住居スペースと賃貸スペースをどの階に設けるのかを慎重に検討することがより重要です。入居者様のニーズは一般的に上層階のほうが多いと言われているため、家賃設定も高くできるケースもあると言えるでしょう。逆に賃貸部分を下層階にした場合、家賃が低いことに魅力を感じる入居者様もいる一方で、防犯や騒音対策の面から対策を講じる必要が考えられます。上層階と下層階、どちらを賃貸部分にするかによって空室率にも影響するため、入居者様のニーズやオーナー様自身のライフスタイルに合わせて決めるようにしましょう。

賃貸併用住宅の収支計画

賃貸併用住宅は自宅部分に加えて賃貸部分を併設する必要があることから、一般的なマイホームを建築するのと比べてコストは高くなる傾向があります。また、利回りについても自宅部分があることで、一棟丸々アパートにした不動産賃貸経営と比較して低くなる傾向があると言えるでしょう。さらに、狭小地の場合は建築費用に加えて、工事資材の置き場所がないことで別途資材置き場や駐車場を借りるための費用がかかる場合なども想定されます。
賃貸併用住宅は、月々の家賃収入によってローン返済の負担軽減や、相続税対策など、多くのメリットもあります。一方で、建築費以外にも、不動産管理会社に支払う管理費や修繕費、租税公課などの必要経費、空室リスク、金利上昇なども考慮する必要があるため、収支計画をしっかり立て、状況に合わせて定期的な見直しが重要になります。

空室リスクを回避する

狭小地の場合、賃貸スペースの部屋数を多く取れないことから、賃貸用の部屋数が少なければ少ないほど、空室が多くなった際の収支計画に大きな影響があり、借入金の負担リスク等が増大する可能性が高くなります。このような不測の事態に備えて、不動産管理会社との一括借り上げ契約を利用する方法もあります。言い換えると、空室となった部屋を不動産管理会社に賃貸することで、安定した家賃収入を得ることができるのです。入居者様が見つかるまでの空室リスクを軽減することができるため、このような家賃保証を積極的に利用するのも良いでしょう。


狭小地であっても土地の有効活用によって、収益性の高い賃貸併用住宅を経営することも可能となります。狭い土地だからとあきらめずに、その土地の条件に合った賃貸併用住宅の運営を行うようにしましょう。

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

他の初めての賃貸併用住宅を見る

  • 賃貸併用住宅を購入・建築する費用として住宅ローンを利用した場合、確定申告をすることで住宅ローン控除を受けることができます。ただし、賃貸併用住宅の不動産所得が経費等を差し引いて年間20万円以上ある場合は…
  • 不動産の購入は金額も大きくなることから、自己資金が多い方が良いと考える人も多いでしょう。賃貸併用住宅の場合、自宅スペースと賃貸スペースが併設されていることから、賃貸スペースを貸し出すことで家賃収入を得…
  • マイホームを購入する際に住宅ローンを利用する方が多いと思いますが、確定申告をすることで住宅ローン控除を受けることができます。同様に賃貸併用住宅で住宅ローン控除を受けるためには、どのような条件を満たさな…
  • 賃貸併用住宅の収支計画を立てるにあたり、どのような収入や支出があるのか全体を把握しておくことは大切です。また、賃貸併用住宅は、自宅のみや賃貸のみの一棟アパートと比較して、どれくらい収入や支出に違いが出…
  • 賃貸併用住宅とは、自宅スペースと賃貸スペースを合わせた住宅のことです。たいていローンを組んで土地の取得や建物の建築をすることになりますが、家賃収入を得ながらマイホームも手に入るということに魅力を感じる…
  • マイホームの建築を検討した際に、家賃収入でローン返済や収入確保を目的として賃貸併用住宅を建築しようと考える方もいるのではないでしょうか。ここでは、サラリーマンが賃貸併用住宅を経営する際、多くの人が利用…

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋45年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】40年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312