賃貸併用住宅は収支とシミュレーション

賃貸併用住宅は収支とシミュレーション

賃貸併用住宅を建設もしくは購入する場合は、長期にわたってそれを維持し経営していくこととなります。

建築にもお金がかかりますので、事前に将来の収支シミュレーション計画を作り、それから全体の計画を立てていくことをおすすめします。

賃貸併用住宅の収入・支出項目

賃貸併用住宅における収支とは、家賃や敷金礼金などの収入によって得られる利益からローンの返済額、保険費用や修繕費、税金を引いた金額になります。

支出よりも収入が増えればプラスとなり利益が出ますが、建設時にローンを組んで建物建設をする場合は、まずはその返済に充当することが先決となりますので、最初からプラスで利益を上げることは難しいと考えましょう。

収支計画の重要性

収支計画を作成してもその通りに物事が進むとは限りませんが、おおよそのお金の動きについて把握することが可能となります。

賃貸併用住宅を建設した当初は、まだローンの支払いが残っていると思いますので、収入が順調に得られた場合、何年ほどでその返済が完了するのかが把握できるようになります。

ローンが返済できればその後の家賃収入は自由に使えるお金となるのですが、修繕費などの賃貸スペースの維持費がかかってくることも、きちんと計算しておく必要があるのです。

建物は経年により劣化しますので絶えず入居者を確保するためには、定期的な修繕とメンテナンスが欠かせないのですが、そのための費用を確保しておかないと、いざという時にそれを実行できなくなってしまうのです。

シミュレーション内容を専門家に相談

収支計画をシミュレーションしてみて、自分が理想としている賃貸住宅の経営が実現可能かどうかがわかってくると思います。

その結果に不備や不満が感じられる場合は、賃貸併用住宅建設やサポートを依頼している、ハウスメーカーや工務店に相談してみることをおすすめします。

建物を建設する前であればいくらでも変更や修正は可能ですから、気になる点に関してはどんどん専門家に相談して、疑問点や解決方法をクリアにしていきましょう。

計画は定期的に見直すこと

収支計画は賃貸併用住宅建設前に建てるものだけではなく、建設後も定期的に見直す必要があるということを覚えて置いていください。

あくまでこれは計画でありこの通りに物事が進むとは限らず、空き室が長く続いたり、景気が大きく低迷しローンの金利が上昇するなどの、計画に影響を与える事態が出てくる可能性が十分あり得るからです。

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

他の初めての賃貸併用住宅を見る

  • 自己資金0円でも賃貸併用住宅を買うことはできるのか
    賃貸併用住宅なら、マイホームを手に入れることができるだけでなく、家賃収入も得られてお得です。 そのようなお得な賃貸併用住宅ですが、自己資金が無いから、手に入れることは無理ではないかとあきらめている方も…

    詳しく見る

  • 賃貸併用住宅で住宅ローン控除を受ける条件と方法
    賃貸併用住宅を建てたり購入したりする際、住宅ローンを利用される方も多いでしょう。 住宅ローンを利用した場合には、住宅ローン控除を受けられることがあるのですが、その条件と方法をご紹介しましょう。 1.賃…

    詳しく見る

  • 狭小地でも賃貸併用住宅はできるのか
    都心に行くに従って、広い土地を手に入れるのはとても大変なことですね。 特に駅近など、便利な立地のところでは、広い土地の確保は、さらに難しくなります。 しかし、賃貸併用住宅では、借主を得るためにも、少し…

    詳しく見る

  • 賃貸併用住宅は儲かる?一般的な利回りと年収とは
    賃貸併用住宅を運営するなら儲けが出るのかどうかというところが、最も気になる点かと思います。 賃貸併用住宅を建設する場合は一般的な住宅を建てるよりもコストがかかりますから、その費用が回収できなければそれ…

    詳しく見る

  • サラリーマンでもできる賃貸併用住宅
    サラリーマンの方でも、株式や不動産投資を始めて、資産形成や運用を始める方が増えています。 正社員の仕事についていても、十分な給与がもらえないことや、定期昇給が見込めないこと、将来の年金への不安などが原…

    詳しく見る

  • 賃貸併用住宅をやるなら木造?鉄筋(RC)?おすすめの構造は
    賃貸併用住宅を建設する際に、その建物の構造についても悩むところではないでしょうか。 自分たちだけが生活する住宅を建てるのとは異なり、賃貸用として貸し出すスペースも作る必要があるため、自分たちだけの希望…

    詳しく見る

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋45年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】40年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312