賃貸併用住宅を経営するメリットとデメリット

賃貸併用住宅を経営するメリットとデメリット

賃貸併用住宅とは、オーナー様の自宅スペースと賃貸スペースが共存している建物のことを言います。ここでは賃貸併用住宅を経営するオーナー様にとって、どのようなメリットとデメリットがあるのかをそれぞれ解説します。

賃貸併用住宅のメリット

賃貸併用住宅はひとつの建物に自宅スペースを保有しながら独立した賃貸スペースを併設するため、自宅から家賃収入を得られる点がメリットにあげられます。家賃収入を住宅ローンの返済に充てることで月々の支払い負担を軽減できる上、完済後も賃貸併用住宅の経営を継続することで、家賃収入を生活費の一部として、または老後の貯蓄として活かすことができる点も魅力と言えるでしょう。

さらに賃貸併用住宅は、節税効果がある点も大きなメリットです。家や土地などを保有すると、必ずかかる税金が固定資産税ですが、賃貸併用住宅は200平方メートルまでの敷地部分は、固定資産評価額の1/6を課税標準とすることが認められています。
賃貸併用住宅を相続する場合、賃貸部分については小規模宅地の特例を受けることができるため、自宅部分だけの建物と比べると節税効果が高いと言えます。

さらに、ライフスタイルに合わせて、自宅スペースの間取りを変化(変更)させることができる点もメリットと言えるでしょう。また、一階部分を賃貸スペース、二階部分を自宅スペースとして賃貸併用住宅を経営している人が、両親との同居が必要になった場合、一階部分を両親用の住居スペース、二階部分を自宅スペースというように二世帯住宅として生まれ変わらせることもできます。

賃貸併用住宅のデメリット

賃貸併用住宅ならではのデメリットについても理解する必要があります。
一般的な不動産経営と比較すると、自宅部分があることで賃貸用の部屋が少なくなるため、利回りが低くなってしまう傾向にあります。これは、建築する建物の延べ床面積が同じと仮定して比較した場合です。
また、自宅部分だけではなく賃貸部分の建築費がかかるため、一般的なマイホームを建築するよりも初期費用が高くなります。概ね借り入れる住宅ローン額も自宅のみを建築するケースより多額になる傾向にあるため、利回りを含め収支のバランスに気をつける必要があると言えるでしょう。

賃貸併用住宅は入居者様がいないと当然のことながら家賃収入を得ることはできません。入居者様が途絶えてしまう可能性があることも認識する必要があります。家賃収入の減少によりローンが払えなくなったら、自宅もなくなるリスクがあります。そのためにも建築する土地の特徴、ターゲットを誰にするのかなどを調査して、入居者様のニーズを取り入れ空室リスクに備えましょう。

他にも、賃貸併用住宅ならではのオーナー様居住スペースと賃貸用スペースがある建物の特徴にも、デメリットに繋がる要素があります。それは、自宅部分と賃貸部分が隣接していることから、さまざまなトラブルに発展する可能性があるということです。入居者様の生活リズムの違いによる騒音の問題をはじめ、共用部分である廊下に私物を置いてしまう、バルコニーの使用方法、ペットの飼育などを起因とするトラブルも考えられます。このような場合、共用部分に注意喚起を促す貼り紙をするなど、入居者様への対応に留意する必要があります。ただし、規則やルールを厳格化し、居住者様との関係がギクシャクしてしまっては、かえって日々のコミュニケーションが難しくなってしまう可能性があります。


オーナー様ひとりですべてを解決するのは難しいこともありますから、不動産管理会社に管理を任せるなど、その物件にあった対策をとることでトラブルを回避できるよう、事前によく検討しましょう。賃貸併用住宅にはメリット、デメリットの両面がありますので、これらのことを充分に理解し、賃貸併用住宅の経営に活かしましょう。

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

他の初めての賃貸併用住宅を見る

  • 賃貸併用住宅はマイホームの要素を兼ね備えているとはいえ、不動産経営であることも忘れてはなりません。将来の家賃の下落や金利の上昇、空室リスクなど、賃貸併用住宅の経営におけるリスクや注意点について解説しま…
  • 賃貸併用住宅経営を成功させるために、どのような点に注力すべきかみていきましょう。また賃貸併用住宅の経営を始めるにあたり、経営する目的を確認し、市場調査の必要性や事業計画の策定、不動産会社の選択などが重…
  • 賃貸併用住宅を保有するからには、誰もが賃貸経営を成功したいと思うのは当然のことでしょう。トラブルは起こらないに越したことはありませんが、なかなかそうもいかないのが現実です。賃貸併用住宅の運用で想定され…
  • 不動産経営のひとつである賃貸併用住宅は、ひとつの建物に自宅の居住スペースと賃貸用のスペースがある物件のことを言います。特徴としては、家賃収入が得られる、条件次第で住宅ローンを組むことができるという点な…
  • 家を建てるときに気になるのは、やはりお金の問題ではないでしょうか? ローンが借りられるとしても、頭金はいくら用意すれば良いのでしょうか?相場はどのくらい? みんな、どのように用意しているの?頭金がない…
  • 賃貸併用住宅でも、住宅ローンを利用した場合には、住宅ローン控除を受けられることがあります。 正式には、「住宅借入金等特別控除」と言うもので、住宅ローンを利用してマイホームを新築したり、取得したり、増改…

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋45年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】40年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312