アパート経営・マンション経営における地方と都心の比較

アパート経営・マンション経営における地方と都心の比較

アパート経営・マンション経営をする場合、地方への投資がいいのか、それとも都心への投資がいいのかは、なかなか難しい問題ですが、これから賃貸経営を始めようと考えている人にとっては、気になる点だと思います。
そこで今回はアパート経営・マンション経営における地方と都心の違いを比較します。

アパート経営・マンション経営:地方の場合

地方でアパート経営・マンション経営を行うメリットは、何と言っても高い利回りです。都心に比べれば賃貸住宅の需要は当然少なくなるため、空室リスクは高まります。しかし、地方と言ってもその地域の中核都市や準中核都市に位置付けられる市区町村であれば、必ずしも賃貸住宅需要が完全に満たされているわけではありません。そのため、リスクと利回りのバランスがよい好条件の物件は、地域の中核都市や準中核都市エリアなどの方が見つかりやすい場合もあります。

アパート経営・マンション経営:都心の場合

都心でアパート経営・マンション経営を行うメリットは、空室リスクの低さです。地方と比べれば圧倒的に賃貸住宅の需要は多いため、所有物件が長期間空室となるリスクは地方ほど高くはありません。また、空室状態がしばらく続いたとしても需要自体は多いため、再度家賃を調整するなどして入居を促す施策が考えられます。

アパート経営・マンション経営:地方と都心どちらがいいか?

アパート経営・マンション経営をする上で地方と都心、どちらがいいかは上記のような理由から、一概に決めることはできません。傾向として地方に投資する場合は、都心の物件への投資よりも空室リスクは高い反面、うまく運用・管理ができれば高い利回りが見込めると言えます。
一方、都心へ投資する場合は、地方への投資よりも空室リスクは低い反面、物件の価格が高いので利回りは低くなることが多いという傾向があります。需要と供給のバランスやエリア環境にも大きく依存します。


例えば、地方のアパート・マンションに投資する場合、購入時には大きな工場があって高い賃貸需要があったのに、数年後にその工場が移転して、周辺の賃貸住宅が空室だらけという事態に陥ることもあります。地方、都心に限らずどんなに好条件であっても、リスクを軽減するためにも、さまざまな条件を考慮し判断することが重要です。

いずれにしても、信頼できる不動産会社と付き合い、十分に情報収集を行った上で、しっかりと自分自身で考えて判断することが大切です。また、地方や都心に限らず、投資した物件をなかなか巡回・管理できない場合は、管理会社へ管理業務を委託するか、サブリース(一括借上)を検討することをおすすめします。

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

他の初めてのアパート経営・マンション経営を見る

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋45年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】40年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312