賃貸併用住宅の知っておくべきリスクと注意点について

賃貸併用住宅の知っておくべきリスクと注意点について

賃貸併用住宅の知っておくべきリスクと注意点について

賃貸併用住宅はマイホームの要素を兼ね備えているとはいえ、不動産経営であることも忘れてはなりません。将来の家賃の下落や金利の上昇、空室リスクなど、賃貸併用住宅の経営におけるリスクや注意点について解説します。

一棟アパートと比較して利回りが低くなる

賃貸併用住宅は、オーナー様の居住スペースがあるため、賃貸部分の面積が縮小してしまう傾向があります。従って、建物にあるすべての部屋を賃貸用とできる一般的な不動産経営と比較すると、得られる家賃収入が低くなると言えるでしょう。
賃貸併用住宅を始めるにあたり、かかる総額費用に対する利回りが低くなるデメリットがあることから、収支計画を決定する際に家賃収入とローン返済のバランスを考慮し、無理のないプランニングをすることが大切です。

金利上昇、空室リスク

ライフスタイルによって生活が日々変化するように、私たちを取り巻く経済環境、世界情勢も日々変化をしています。賃貸併用住宅を変動金利の住宅ローンで購入している場合、今後の金利上昇リスクがあることにも十分注意が必要です。住宅ローンは金額も大きいことから、金利が少しでも変動すると返済額に大きな影響を与えます。将来の金利支払額の見通しがつかず不安がある場合は、固定金利を選ぶことも可能です。
さらに、不動産経営における空室リスクは、運営に大きな影響を与えることがあります。
建築当時は入居者様のニーズに合った物件であっても、ターゲットとしていた入居者様が変わってしまうことで、場合によっては家賃を下げないと空室が埋まらないという事態も考えられます。そのためにも入居者様のニーズに柔軟に対応する必要があります。

このように、金利変動リスクや空室リスクは、賃貸併用住宅に限らず不動産経営全般にとって大きなリスク要因となります。賃貸併用住宅は自宅部分が51%以上あることで住宅ローンを組むことができます。しかし、前述のような金利や空室リスクによって、資金繰りがうまくいかなくなってしまった場合、賃貸運営を断念する、さらには自宅を手放さなければならないという事態になってしまう可能性もあります。
借り入れの返済額が、無理のない収支計画になっていないかを定期的に見直す必要があります。そのためにも、計画を策定した時点の金利やニーズに対する入居率の設定だけでなく、将来の金利の上昇や入居率の低下を盛り込んだ、いくつかのパターンを用意し、どのあたりが事業として成り立つのかブレークイーブンポイントを把握することが必要です。

賃貸経営である自覚を持つ

賃貸併用住宅はオーナー様の自宅部分もあることから、マイホームを建てるという感覚で始めるのはリスクがあることを認識しましょう。賃貸併用住宅を保有するということは、立派な不動産経営であることを自覚する必要があります。管理を委託する場合も管理会社に任せっきりにせずに、自ら情報収集をすると共に知識を身に着けていくことも経営者として求められる要素であると言えるでしょう。


賃貸併用住宅は不動産経営の手法のひとつであることから、リスクはつきものです。
リスクとしっかり向き合い、いかにリスクを回避するかが、長期的に安定した賃貸経営を行うため重要なポイントです。

関連するタグはこちら

よくあるご質問

土地活用・不動産経営は初心者なのですが、どのように相談をおこなえばよいでしょうか?
弊社HPの電話もしくはお問い合わせフォーム・資料請求フォームから、お気軽にお問い合わせください。ご要望に応じて、オンライン面談・電話・メール等での対応が可能です。
生和コーポレーションの土地活用・不動産経営には、どのような特徴があるのですか?
4大都市圏での営業に特化し、土地活用一筋50年を超えております。マンション・アパートの累計着工戸数は100,000戸を超え、都市部に強い生和だからこそ、サブリース・一括借上げの入居率98%台を実現しています。
お問い合わせ後の流れはどのようになっているのですか?
お問い合わせ頂いた電話番号もしくはメールアドレスに担当がご連絡致します。
お客様のご相談内容に応じて、経験・知識が豊富な担当が対応致します。
その他のよくある質問

土地活用一筋50年。累計着工戸数100,000戸超の実績。
冊子・DVDをプレゼント

【無料】資料をもらう

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

会社名
生和コーポレーション株式会社
所在地

西日本本社
大阪府大阪市福島区福島5丁目8番1号

東日本本社
東京都千代田区神田淡路町1丁目3番

会社設立
1971年(昭和46年)4月16日
お問い合わせ・ご連絡先
0120-800-312

他の初めての賃貸併用住宅を見る

  • 賃貸併用住宅の資産価値と評価方法の考え方
    土地や自宅などの不動産を所有している場合、その資産価値は地価の上昇や下落、建物の築年数などによって、ほぼ自動的に決まってしまいます。しかし、賃貸併用住宅の場合は、資産価値の算定には他の要素が含まれる場…
  • 賃貸併用住宅を始めるときの費用(建築費)はいくら位?
    人生において大きな買い物のひとつにあげられるのがマイホームの購入です。マイホームが持てて、なおかつ家賃収入が見込めるのが賃貸併用住宅です。ここでは、実際に賃貸併用住宅の経営を始めるにあたり、どのぐらい…
  • 土地なしから賃貸併用住宅をはじめるには
    賃貸併用住宅が通常の賃貸物件と比べて最も異なる点は、自宅部分と賃貸部分が共存していることです。従って、土地を新たに取得して賃貸併用住宅を建てる場合、自分がどのようなエリアに住むのかということを前提とし…
  • 賃貸併用住宅経営を成功させるために(失敗しないために)
    賃貸併用住宅経営を成功させるために、どのような点に注力すべきかみていきましょう。また賃貸併用住宅の経営を始めるにあたり、経営する目的を確認し、市場調査の必要性や事業計画の策定、不動産会社の選択などが重…
  • 賃貸併用住宅の運用で考えられるトラブルとは
    賃貸併用住宅を保有するからには、誰もが賃貸経営を成功したいと思うのは当然のことでしょう。トラブルは起こらないに越したことはありませんが、なかなかそうもいかないのが現実です。賃貸併用住宅の運用で想定され…
  • 賃貸併用住宅を経営するメリットとデメリット
    賃貸併用住宅とは、オーナー様の自宅スペースと賃貸スペースが共存している建物のことを言います。ここでは賃貸併用住宅を経営するオーナー様にとって、どのようなメリットとデメリットがあるのかをそれぞれ解説しま…

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋50年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】50年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312