一戸建ての賃貸併用住宅の特徴

一戸建ての賃貸併用住宅の特徴

自宅の一部を賃貸住宅にする一戸建ての賃貸併用住宅は、住宅ローンの負担を軽減させることにもつながりますし、節税対策や、自己年金などにも役立つため、多くの人々に注目されています。

一戸建ての賃貸併用住宅には、どのような特徴があるのか、ご説明します。

住宅ローンの返済が楽

一戸建ての賃貸併用住宅の最大のメリットは、なんといっても、家賃収入でローンを支払うことができる点です。

アパートローンの場合は、ビジネス用ローンになるため、借り入れの成否もビジネスとして成り立つか否かで審査されることになりますし、住宅ローンに比べて短期かつ高金利であるという特徴があります。

しかし、一戸建てであれば、長期かつ低金利の住宅ローンを利用することができます。

通常の住宅の場合、全てがオーナーの居住スペースであるため、住宅ローンも自力で支払う必要がありますが、建物の一部に賃貸スペースを設けることで、入居者からの家賃収入を住宅ローンの返済に充てることができます。

ローンを返済し終えたあとも賃貸を続けるのであれば、家賃収入を得ることはできますので、自分年金などに役立てることができ、将来的にも安心だと考えることができます。

構造や間取りの柔軟性

マイホームを持つとなると、ライフスタイルや家族構成の変化を考えなければなりませんが、賃貸併用住宅であれば、これらに柔軟に対応することができるというメリットがあります。

2世帯で住むことになった場合には、賃貸スペースをリフォームして2世帯住宅に変更することも可能です。

居住スペースも、用途に合わせて拡張・縮小できますので、この点も安心です。

ただし、こういったメリットを十分に活かしたいのであれば、プランの自由度が高く、安全性の高い建物を立てる必要がありますので、建築会社の選択も非常に重要になってきます。

節税対策に有効

賃貸併用住宅を立て、それを相続する場合、賃貸スペースがあると、「貸家建付地」として、約2割程度評価額が下がるため、同じ規模の自宅敷地建物に比べると、支払わなければならない相続税の額が少なくて済むというメリットがあります。

また、確定申告をすれば、建物にかけた費用の一部を減価償却費として計上することができ、賃貸スペースのローン利息や固定資産税、損害保険料なども経費として計上することができますので、結果的に所得税の課税対象額を減らすことができます。


こうしてみると、メリットが多く感じられる一戸建ての賃貸併用住宅ですが、一般的な住宅ローンの審査では、将来期待できる家賃収入の見込み額は考慮に入れられず、現在の所得で返済が可能かどうかで判断されるため、借り入れ可能な範囲でしか住宅を建てることができないというデメリットもあります。

また、一戸建てであるからこそ、入居者との居住スペースの区切りをはっきりとさせなければ、プライベートが十分に守られず、空室につながってしまう心配もあります。

一戸建て賃貸併用住宅の運用を考える際には、こういった特徴を踏まえた上で、どのような目的で、どのように運用していくかをきちんと計画しておくことが大切です。

生和コーポレーション編集部

「すべてはオーナー様のために」をテーマに、土地をお持ちの方の目線で、不動産の有効活用に関連する情報を発信しています。当社の豊富な実績をもとに、税理士や建築士、宅地建物取引士などの有資格者が監修した記事も多数掲載。賃貸マンションの建設・管理から相続や税金の話まで、幅広いコンテンツを公開中。

編集部へのご意見・情報提供などございましたらお問い合わせからお願いします

会社名
生和コーポレーション株式会社
所在地

西日本本社
大阪府大阪市福島区福島5丁目8番1号

東日本本社
東京都千代田区神田淡路町1丁目3番

会社設立
1971年(昭和46年)4月16日
お問い合わせ・ご連絡先
0120-800-312

他の賃貸併用住宅の種類と特徴を見る

  • 最近流行りのシェアハウスの賃貸併用住宅
    新しい形の賃貸併用住宅として最近注目されているのが、シェアハウスの賃貸併用住宅です。 シェアハウスの賃貸併用住宅とは、キッチンやトイレやお風呂、リビングなどの設備が共有となっており、その他は個別の部屋…
  • マンション・アパート・ビルの賃貸併用住宅の特徴
    用途も種類も様々な賃貸併用住宅ですが、一戸建てタイプの他に「マンションタイプ」「アパートタイプ」「ビルタイプ」のものなどがあります。 それぞれに違った特徴があり、用途も異なってきますので、まずはそれぞ…
  • 賃貸併用住宅のデザインと間取り
    賃貸併用住宅を建てる際には、通常の一戸建てとは全く異なる考え方をしなければなりません。 オーナーの趣味や趣向を反映させるだけでなく、入居者に選ばれるようなデザインや間取りを取り入れ、建物に価値を出さな…
  • 賃貸併用住宅の種類
    賃貸併用住宅は、オーナーの居住スペースを備えた賃貸マンションや賃貸アパートのことをいいますが、それには、様々な間取りや構造のものがあります。 用途や土地のニーズに合わせて、どのような種類の賃貸併用住宅…
  • 賃貸併用住宅の中古と新築の違い
    賃貸併用住宅とは、賃貸に使用する建物に、自分の居住スペースを確保したものですが、一般的に通常の戸建てよりも割高で、アパートよりも利回りが低いという特徴があります。 賃貸併用住宅の運営を考えた場合、新築…

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋50年の生和の強みを5分でお伝えします。

全カテゴリー

  • 【生和トータルサポートシステムSTSS】土地に関するお悩みのご相談から、事業の継続的なサポートまでオーナー様の賃貸経営を成功に導きます。
  • 【生和の一括借上げシステムFG35】35年間、家賃の90%保証。(※融資額による)オーナー様のリスクを最小限に抑える生和のサポートシステムです。
  • 【生和の強み】50年の信頼と実績の土地活用。無借金経営の健全な財務体質を背景にした生和ならではの強みをご説明します。

お問い合わせはコチラから

資料請求

0120-800-312