賃貸経営をする際の保険の基本【火災保険・地震保険】

土地や建物に関するコンサルティングカンパニーSEIWAから土地オーナーの皆様の今後をサポートする情報を毎月お届けする「生和ジャーナル」vol32

SPECIAL FEATURE
様々なリスクに対応するために必要な保険とは?

賃貸経営をするときに知っておきたい保険の基本

賃貸物件ならではの保険選びを考えよう

火災保険と地震保険が基本

賃貸経営のリスクを保険で回避

「火災保険」や「地震保険」は、賃貸アパート・マンションの安定経営のために欠かすことができないもの。しかしリスクは火災や地震などの災害だけではありません。見知らぬ人同士が一つの建物の中で暮らす賃貸物件では、様々なトラブルが想定されます。そのため、家賃の未払いや万一のトラブルなどにも対応できる保険や保証システムなどもあります。

基本的な「火災保険」はなぜ必要なのか

火災保険「家賃補償特約」の一例

「自分の落ち度などで他人に迷惑をかけたら損害賠償しなさい」というのが、民法第709条が示している原則です。ところが失火法では、「故意や重過失でなければ、火災を起こした人は、他人の家に対する不法行為に基づく賠償責任はない」と定められているのです。

ということは、隣の家の火事によって自分の家が丸焼けになっても、原則として損害賠償請求ができないということになります。つまり火災保険は、自分の身を守るためにも入る必要があるのです。

自身が賃貸物件に住んでいる場合に軽過失により出火すると、隣人に対する不法行為に基づく賠償責任は免れますが、大家さんに対する債務不履行に基づく賠償責任は発生します。そのため不動産賃貸契約では、大家さんに対する賠償責任補償が付いた火災保険の契約を条件にしているケースがあります。自分の家具などの「家財」に対して火災保険を契約し、「借家人賠償責任補償」が特約としてつけられているのが一般的です。

重要性が高まる「地震保険」その内容とは

地震保険の補償対象外の例

地震によって生じた損害は、火災保険の対象外となるので、補償を受けるためには地震保険に加入する必要があります。

地震保険では、地震・噴火またはこれらによる津波(以下、「地震等」といいます)を原因とする火災・損壊・埋没・流失によって、保険の対象である建物または家財が損害を受けた場合に保険金が支払われます。

なお、地震保険は火災保険に付帯するもので、地震保険のみの加入は通常できません。

補償対象となるのは、居住用の建物および、その建物に収容される家財(生活用動産)。右記のものは対象外となります。

「地震保険の補償範囲」および「火災保険と地震保険」

経営スタイルに合った保険選びが大切

保険も賃貸経営の重要な要素。プロの意見も参考に

不確実な世の中で、先々のリスクを個人で背負うというのは事実上困難です。保険も賃貸経営に欠かせない重要な要素といえるでしょう。

生和グループは、オーナー様のリスクにしっかりと対応するように保険の御相談もお受け致しております。火災や地震による被害をカバーする保険のほか、将来発生するであろう修繕費を保険料で積み立てて経費化できる生命保険などもございます。

単に保険のご紹介だけでなく、お客様の賃貸経営を有利に進めるご提案を多数取り揃えておりますので、お気軽にご相談ください。

賃貸経営に関係する主な保険の例

賃貸経営ノウハウ オススメの記事

ONE POINT!

田中 利生

齋藤総合法律事務所
弁護士 田中 利生

賃借人が賃貸借契約
期間中に死亡した場合

連帯保証人がおらず、かつ賃借人の相続人が不明の場合には、賃料の請求先及び合意解約の交渉先が不明になります。もちろん死亡した賃借人の残置物を勝手に処分することはできません。また保険だけで対応できるものではありません。原則として、判決を得て、強制執行によって、明渡しを求めることになります。ただ、当然諸費用を要し、なおかつ賃貸できないことによる逸失利益も生じます。一括借り上げを行う業者を間に入れた場合には、当該業者がそれらのリスクを負担します。賃借人が死亡した場合に対するリスク回避としては、このような業者を使用することも有用な方法です。

リスク管理のノウハウを
まとめた一冊

自分と家族を守る防災ハンドブック

『自分と家族を守る防災ハンドブック』
アーサー・T・ブラッドレー 著

NASAの工学博士が自分の家族に読ませるために執筆した本がベストセラーに。地震、洪水、放射能漏れなど様々な災害時に必要な「もの・知識・技術」を徹底解説。日本向けの情報を補足。(2,700円)

▸問合せ 楽工社
TEL:03-5338-6331

保険の基礎知識-リスク対策のガイダンス-

『保険の基礎知識-リスク対策のガイダンス-』
林 裕 著

保険の歴史や保険の仕組み、保険契約、販売チャネル、経営形態、代表的な損害保険商品・生命保険商品についてやさしく解説した、初心者向けの入門書。(1,728円)

▸問合せ 税務経理協会
TEL:03-3953-3301

世界の有名な建築物をご紹介します!

聖ワシリー大聖堂

聖ワシリー大聖堂

ロシアの首都モスクワの中心部、赤の広場の南東側にあるロシア正教会の聖堂で、聖ワシリー寺院とも呼ばれています。カラフルな建物は9つの異なった色と模様で飾られ、ネギ坊主のような形のキューポラが目を引きます。16世紀半ば、初代ロシア皇帝イワン4世が、カザンハン国に対する戦勝を記念して建造したもので、最も高い中央の塔の高さは47m。17世紀から19世紀にかけてドームが造られ、鮮やかな彩色が施されました。内部のバロック様式のイコノスタシス(聖障壁)や18世紀末に描かれた回廊の模様の美しさも印象的です。1990年、「モスクワのクレムリンと赤の広場」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録されました。

他の生和ジャーナル記事を見る

  • vol45 魅せるリフォームで賃貸物件の価値をアップ
  • vol41 入居率を上げて、安定した賃貸経営を行うには?
  • vol37 長く住める賃貸住宅に求められるものとは?
  • vol28 賃貸住宅に求められる人気の間取りとは?
  • vol26 専業主婦から転じたスーパー大家さんに学ぶ賃貸経営
  • vol22 賃貸経営vs駐車場経営、どちらが儲かる?

【無料小冊子プレゼント】お客様の声が詰まった「建築事例集」プレゼント 建築までの資金繰りは?どんなサポートが必要?経営は順調?手がけてきた建築事例をお客様の声を交えてご紹介する一冊。あなたのオーナー生活に是非ご活用ください。

5分でわかる生和コーポレーション。土地活用一筋45年の生和の強みを5分でお伝えします。